物理

/力学

最小作用の原理を導く

最小作用の原理とは、ある条件下で作用積分が停留値をもつ運動が実際に起こる、モーペルテュイの手順、ハミルトンの原理
/弦理論

閉弦のモード展開

波動方程式の一般解、相対論的閉弦のモード、展開弦の波動方程式
/回路技術

量子テレポーテーションとは

量子もつれのペアを作り量子状態を遠隔地に転送する技術、量子暗号の基本原理、量子回路の説明、量子状態の遷移
/回路技術

量子フーリエ変換とは

信号処理で使われる離散フーリエ変換を量子回路上に実装、状態ベクトル、量子ビット、アダマールゲート、制御回転ゲート
/高校理科

【高校化学】有機化合物

炭化水素、官能基、異性体、脂肪族化合物、芳香族化合物、構造の決定、組成式の決定、分子式の決定、構造式の決定
/熱力学

ボルツマンの原理を導く

系の微視的な状態数から巨視的な熱力学変数であるエントロピーを求める関係式、エントロピーの加算則と増大則
/熱力学

熱力学ポテンシャルとは

内部エネルギー、エントロピー、エンタルピー、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、グランドポテンシャル
/高校理科

【高校化学】無機物質

周期律と周期表、元素の性質、ハロゲン、アルカリ土類金属、アルカリ金属、無機物質の反応、気体の製法、沈殿反応、系統分析
/プラズマ物理

ドリフト運動とは

磁場内の荷電粒子に外力が作用したときに起こる垂直方向の等速運動、重力の場合、電場の場合、非均一磁場の場合
/高校理科

【高校化学】物質の変化

化学反応式、ヘスの法則、反応速度、集団作用の法則、酸と塩基、中和反応、酸化還元反応、イオン化係数、電池、電気分解
/回路技術

インピーダンスとは

交流回路で電流の流れにくさを表す物理量、コンデンサ、コイル、リアクタンス、アドミタンス、コンダクタンス、サセプタンス
/高校理科

【高校化学】物質の構成

化学結合、ボイル・シャルルの法則、状態方程式、結晶構造、原子量と物質量、化学式、溶解度と濃度、浸透圧、コロイド溶液
/宇宙物理

ケプラーの法則とは

惑星の運動に関する法則、楕円の法則、面積速度一定の法則、周期と長径の法則、ニュートンの運動方程式から導く
/宇宙物理

ジーンズ不安定とは

内部圧力よりも重力が強くなり重力収縮を起こす現象、ジーンズ半径、ジーンズ質量
/プラズマ物理

イオン波とは

磁場がない場合のイオン波、2流体プラズマの方程式、分散関係式、デバイ長、プラズマ近似、電子の分布密度
/電磁気学

オームの法則とは

電圧と電流の関係式、電流の妨げとなる抵抗、抵抗の合成式、インピーダンス、伝導率、電力とエネルギー
/物理化学

反応速度式とは

反応速度と反応物の濃度との関係式、反応速度定数、反応次数、1次反応速度式、2次反応速度式、3次反応速度式
/プラズマ物理

ブラソフ方程式とは

粒子間の衝突を無視した粒子の速度分布関数が従う方程式、プラズマ物理の基本方程式、速度分布関数、ブラソフ方程式を導く
/物理化学

ルシャトリエの原理とは

平衡を決める因子を変化させた場合にその変化と逆方向に平衡が移動すること、自由エンタルピー、化学親和力
/物理化学

質量作用の法則とは

化学反応の速度は反応物の濃度の積に比例、質量作用の法則を導く、平衡条件、平衡定数、理想気体の化学ポテンシャル
/回路技術

量子ゲートとは

量子コンピュータ、ユニタリゲート、制御NOTゲート、パウリゲート、アダマールゲート、制御回転ゲート、制御ユニタリゲート
/物理化学

理想気体とは

圧力が温度と密度に比例、内部エネルギーが密度に依しない、ボイルの法則、ジュールの法則、状態方程式、ドルトンの法則
/熱力学

熱力学第1法則とは

熱と内部エネルギーの保存則、熱平衡状態、ジュールの実験、第1種永久機関、熱力学的変数、エントロピー、化学ポテンシャル
/力学

中心力の運動方程式を導く

力の大きさは距離のみに依存、中心力の特徴、保存場、エネルギーの保存、角運動量の保存、運動方程式を導く
/プラズマ物理

ボルツマン方程式を導く

粒子間の衝突を考慮した粒子の速度分布関数が従う方程式、衝突項、微分散乱断面積、ラザフォード散乱、リウビルの定理
/回路技術

位数の計算

量子コンピュータ、通常のコンピュータでは計算量的に難しい問題、量子回路、逆量子フーリエ変換
/相対論

シュバルツシルト解とは

一般相対論におけるアインシュタイン方程式の厳密解の1つ、静的で球対称な質量分布により作られる重力場を表す
/連続体力学

フックの法則を導く

フックの法則の一般化、ポテンシャルエネルギー、歪みテンソル、応力テンソル、弾性テンソル、伸縮歪み、せん断歪み
/回路技術

量子ビットとは

量子コンピュータ、量子回路、量子ビットの表現、量子状態、重ね合わせ、位相、並列処理、古典ビット
/個体物理

ブロッホの定理とは

結晶格子のような周期的なポテンシャル内でシュレディンガー方程式の解の特徴、ブロッホ関数、ブロッホの定理を導く
/電磁気学

スネルの法則とは

2つの媒質が接する境界面を横切る光線に関する法則、反射の法則、屈折の法則、絶対屈折率、相対屈折率
/個体物理

逆格子ベクトルとは

周期的な結晶構造をもつ物質の周期性(波数)を表す、基本ベクトル、面指数、逆格子ベクトルの導出、並進不変性
/統計力学

リュービルの定理とは

位相空間における任意の体積は時間の経過に対して変化しない、系のある状態は位相空間内の1つの代表点
/電磁気学

ローレンツ力とは

電磁場中で運動する荷電粒子が受ける力、右ネジの法則、サイクロトロン運動、フレミング左手の法則、フレミング右手の法則
/連続体力学

ラメの弾性定数とは

弾性体に応力を与えたときの歪みとの関係、歪みエネルギー、ヤング率、ポアソン比、剛性率、体積弾性率
/熱力学

熱力学第0法則とは

熱平衡は温度が一様で熱の移動が起こらない状態、熱は高温から低温へ移動するエネルギー、温度の定義、熱力学
/電磁気学

クーロンの法則とは

電荷のクーロンの法則、磁荷のクーロンの法則、電荷または磁荷の積に比例、距離の2乗に反比例
/回路技術

量子位相推定とは

ユニタリ演算子 の固有関数と固有値の位相を求める問題、量子回路、アダマールゲート、ユニタリゲート、逆量子フーリエ変換
/連続体力学

音波とは

音波は物質の中を伝わる疎密波、縦波、音波の波動方程式、連続体の運動方程式、音速の公式、音のエネルギー
/力学

ニュートン力学とは

ニュートン力学、プリンキピア、万有引力の法則、慣性の法則、ニュートンの運動法則、作用・反作用の法則
/相対論

相対論的力学とは

ニュートンの運動方程式をローレンツ変換不変な形に書き換えた力学、固有時、運動方程式、4元運動量、質量エネルギー
/回路技術

四端子回路とは

入力2端子と出力2端子を持つ回路、基本行列、インピーダンス行列、アドミッタンス行列、相反定理、カスケード接続
/力学

単位まとめ

力学系の単位、電磁気学系の単位、質量・長さ・時間・電流の4つ基本次元
/プラズマ物理

プラズマ振動とは

プラズマ中の電子が質量の重いイオンを中心に起こす単振動、熱運動の考慮、プラズマ振動数、2流体プラズマの基本方程式
/個体物理

ラウエの条件とは

結晶格子による回折が起きる条件式、散乱ベクトルと逆格子ベクトルの関係、散乱振幅、位相因子
/電磁気学

フラウンホーファ回折とは

狭いスリットを通過した光が十分離れた距離にあるスクリーン上で起こす回折現象
/個体物理

ブラッグの法則とは

周期的な構造を持つ物質にX線を照射した際の反射と入射角の関係、反射X線の位相が重なると互いに強め合う
/力学

オイラーの運動方程式とは

剛体の運動を表す方程式、力のモーメントと角運動量の関係、慣性モーメント、慣性テンソル、主慣性モーメント
/個体物理

自由電子フェルミ気体とは

パウリの排他律に従う自由電子気体、エネルギー準位、フェルミ準位、フェルミエネルギー、状態密度、電子気体の比熱
/宇宙物理

ステファン・ボルツマンの法則とは

黒体放射のエネルギー密度は温度の4乗に比例、星の光度と見かけの明るさ、ステファン・ボルツマンの法則の導出
タイトルとURLをコピーしました