/力学

ポアンソーの定理とは

外力の作用しない剛体の運動の特徴、慣性楕円体、慣性モーメントと慣性乗積、慣性主軸、角速度と角運動量
/力学

オイラーの運動方程式とは

剛体の運動を表す方程式、力のモーメントと角運動量の関係、慣性モーメント、慣性テンソル、主慣性モーメント
/量子コンピュータ

ドイチュ・ジョサのアルゴリズムとは

量子コンピュータ、高速に計算が行えることを示した最初のアルゴリズム、量子回路、ビット判定の仕組み、ステップ数の比較
/場の量子論

マクスウェル場とは

マクスウェル場の古典論、マクスウェル場の量子論、ベクトルポテンシャル、ハミルトニアン、演算子、光子
/場の量子論

ディラック方程式を導く

非相対論的なシュレディンガー方程式の相対論への拡張、ディラックのハミルトニアン、ディラック行列、パウリ行列
/熱・統計力学

熱力学第2法則とは

熱の移動の不可逆性の法則、エントロピーの増大則、カルノーサイクル、クラジウスの不等式、クラジウスの原理、トムソンの原理
/相対論

ローレンツ変換とは

慣性系の間の座標変換、全ての慣性系で物理法則は不変、ローレンツ変換の導出、同時刻の相対性、時間の遅れ、ローレンツ収縮
/電子工学

半導体ダイオードとは

電子回路において整流作用をもつ電子部品、アノード、カソード、P型半導体、N型半導体、PN接合、電位差、空乏層、電流特性
/力学

コリオリの力とは

回転する座標系内を運動する物体に作用する慣性力、左回り(反時計回り)の場合は進行方向の右向きに働く
/力学

ニュートン力学とは

ニュートン力学、プリンキピア、万有引力の法則、慣性の法則、ニュートンの運動法則、作用・反作用の法則、力学的物理量の定義
/連続体力学

流体の基礎方程式

連続の方程式は質量の保存を表す、運動方程式は運動量の保存を表す、エネルギー方程式はエネルギーの保存則を表す
/プラズマ物理

2流体プラズマの方程式

プラスのイオンと電子の2種の粒子から構成されるプラズマ、電磁場の方程式、連続の方程式、流体の運動方程式、状態方程式
/弦理論

静的ゲージの波動方程式

静的ゲージ、相対論的な弦の運動方程式、相対論的な弦の運動方程式、弦のハミルトニアン、制約条件、境界条件
/量子力学

スレイター行列式とは

フェルミ粒子からなる多粒子系の波動関数、1つの量子状態に1つの粒子が存在、2つの粒子を入れ替えると符号は反転
/量子コンピュータ

ショアのアルゴリズムとは

量子コンピュータ、因数分解、位相計算、量子コンピュータ、量子アルゴリズム、ユークリッド互除法
/量子コンピュータ

位数計算とは

量子コンピュータ、通常のコンピュータでは計算量的に難しい問題、量子アルゴリズム、量子回路、逆量子フーリエ変換
/電子工学

キルヒホッフの法則とは

キルヒホッフの第1法則、キルヒホッフの第2法則、テブナンの定理、ノートンの定理
/物性論

酸化還元反応とは

酸化還元反応、酸と塩基、イオン化係数、酸化剤と還元剤、電池、電気分解、中和反応
/プラズマ物理

MHD方程式とは

磁気流体力学で導かれる方程式のセット、Magneto Hydro Dynamics(MHD)、磁気流体方程式を導く、保存形の方程式
/量子力学

量子とは

あらゆる物理量の最小単位、粒子と波の両方の性質を持つ、プランクの定数、アインシュタインの光電効果、ド・ブロイ波
/熱・統計力学

マクスウェルの速度分布則とは

熱力学的な平衡状態において気体分子の速度が従う分布関数、速度の等方性の仮定、粒子数一定の仮定、エネルギー一定の仮定
/電磁気・光学

ガウスの法則とは

電場のガウスの法則、電場の閉曲面上での積分は閉曲面内の電荷に等しい、磁場のガウスの法則
/熱・統計力学

ラウールの法則とは

混合溶液のある成分の蒸気圧とその純液体の蒸気圧の比はモル分率と一致する、理想溶液、活量(相対活量)、活量係数
/力学

ハミルトンの原理とは

力学系で実際に起こる運動は作用が極値になる条件により導かれる、ラグラジアン、古典力学の運動方程式
/物性論

半導体とは

エネルギーバンド、価電子帯、伝導帯、ホール(正孔)、真性半導体、n型半導体、p型半導体、電子の運動方程式、有効質量
/物性論

フォノンとは

結晶内の格子振動による弾性波を量子化、分散関係式、群速度、量子化モデル、ハミルトニアン、エネルギー固有値
/熱・統計力学

ヘスの法則とは

化学結合、ボイル・シャルルの法則、状態方程式、結晶構造、原子量と物質量、化学式、溶解度と濃度、浸透圧、コロイド溶液
/熱・統計力学

ポアソンの状態方程式とは

理想気体を断熱条件の下で、準静的に変化させた場合の圧力と体積の関係を表す、ポアソンの状態方程式を導く
/量子力学

スピン角運動量とは

原子のスペクトル線(エネルギー準位)が2重になることから導入される、スピン磁気量子数、演算子の交換関係、パウリ行列
/量子力学

軌道角運動量とは

軌道角運動量の演算子、軌道角運動量の固有値、磁気量子数を上げ下げする演算子、演算子の交換関係
/電子工学

伝達関数とは

伝達関数は出力信号のラプラス変換と出力信号のラプラス変換の比、伝達関数の標準形、システムの安定性
/量子力学

中心力場のシュレディンガー方程式

水素原子、極座標、球関数の固有値、角運動量演算子、主量子数、方位量子数、磁気量子数、ボーアの原子模型
/相対論

ブラックホールとは

星の半径がシュバルツシルドの半径より小さい天体、超高密度星、遠方の観測者の視点、質点に乗った観測者の視点
/相対論

シュバルツシルト解とは

一般相対論におけるアインシュタイン方程式の厳密解の1つ、静的で球対称な質量分布により作られる重力場を表す
/連続体力学

連続体とは

連続体は応力と歪みの関係で分類される、弾性体、流体、連続体の記述、ラグランジュ方式、オイラー方式、ヤコビアン
/電磁気・光学

ホイヘンスの原理とは

光を波動論的に説明した理論、ホイヘンス・フレネルの原理、キルヒホッフの積分表示、ヘルムホルツ方程式
/相対論

重力場のニュートン近似

アインシュタイン方程式、リッチテンソル、リーマン曲率テンソル、クリトッフェル記号、計量、測地線の方程式
/量子力学

波動関数とは

シュレディンガーの波動方程式に従う関数、固有関数、固有方程式、重ね合わせの原理、確率関数、物理量の期待値
/熱・統計力学

エネルギー等配分則とは

系の持つ自由度ごとに一定量のエネルギーが配分、理想気体の状態方程式とベルヌイの関係式からエネルギー等配分則を導く
/場の量子論

電子の伝播関数とは

ある時刻での場の演算子の期待値が別の時刻での期待値にどのように影響するかを示す量、時間順序積、真空期待値
/場の量子論

ディラック場とは

ディラック方程式、フェルミ粒子を記述、ディラック共役、ラグラジアン密度、共役場、ディラック方程式の解
/場の量子論

ディラック方程式とは

ディラックのハミルトニアン、ディラック行列、電子と陽電子、負の静止エネルギー、電子のスピン、合成された角運動量
/場の量子論

クライン・ゴルドン方程式とは

非相対論的なシュレディンガー方程式の相対論への拡張、ダランベルシアン、ラグラジアン密度、クライン・ゴルドン方程式の解
/物性論

クローニッヒ・ペニー・モデルとは

結晶内での電子の挙動の近似的なモデル、周期的な1次元の井戸型ポテンシャルとして表される
/連続体力学

ナビエ・ストークス方程式とは

流体の運動を表す2階非線型偏微分方程式、運動量保存則、非圧縮流体の方程式、完全流体の方程式、ナビエ・ストークス方程式を導く
/電磁気・光学

電磁場とは

時空の各点に関連する物理量、電場の強さ、電束密度、磁場の強さ、磁束密度
/力学

最小作用の原理を導く

最小作用の原理とは、ある条件下で作用積分が停留値をもつ運動が実際に起こる、モーペルテュイの手順、ハミルトンの原理
/量子力学

エーレンフェストの定理とは

量子力学における波束の重心(波動関数の期待値)の運動が、古典力学における運動方程式に近似される
/物性論

ブラウン運動とは

液体中の微粒子が不規則に運動する現象、拡散方程式、拡散係数、アインシュタインの関係式
/力学

ラザフォード散乱とは

クーロン力による同符号の過電粒子間の弾性散乱、ニュートンの運動方程式、ラザフォード散乱の軌道、衝突係数、微分散乱断面積