観音経偈を読む

/仏典

観音経偈とは

観音経は、法華経の中の「観世音菩薩普門品第二十五」という1つの章です。観音経偈は、観音経の内容を、偈(げ、4句の韻文)の形でまとめたものです。

観音経では、観音菩薩の名前を唱えることによる様々なご利益が語られています。

観音経を読む
妙法蓮華経、観世音菩薩普門品、第二十五、無尽意菩薩

観音経偈を読む

世尊妙相具せそんみょうそうぐ我今重問彼がこんじゅうもんぴ仏子何因縁ぶっしがいんねん名為観世音みょういかんぜおん

仏さまは優れた姿をしておられるが、私は今重ねてお尋ねしたい、仏さまはどういう理由で、観世音と名付けたのか。

具足妙相尊ぐそくみょうそうそん偈答無尽意げとうむじんい汝聴観音行にょちょうかんのんぎょう善応諸方所ぜんのうしょほうしょ

優れた姿の仏さまは、偈の形で無尽意菩薩に答えられた。観世音の修行がどんなに優れているかを聞きなさい。

弘誓深如海ぐぜいじんにょかい歴劫不思議りゃっこうふしぎ侍多千億仏じたせんのくぶつ発大清浄願ほっだいしょうじょうがん

誓いは海のように深く、どれ程時間をかけても人間の知恵は及ばない。千億の仏たちと伴に、大いなる清らかな願いを起こした。

我為汝略説がいにょりゃくせつ聞名及見身もんみょうぎゅうけんしん心念不空過しんねんふくうか能滅諸有苦のうめつしょうく

私はあなたに説明しよう。その名を聞きその姿を見て、心に念じ空しく過ごすことがなければ、あらゆる苦しみは消滅する。

仮使興害意けしこうがいい推落大火坑すいらくだいかきょう念彼観音力ねんぴかんのんりき火坑変成池かきょうへんじょうち

たとえ悪意をもって、火の穴に落とされても、観音の力を念ずれば、火の穴はたちまち池に変わる。

或漂流巨海わくひょうるこかい龍魚諸鬼難りゅうぎょしょきなん念彼観音力ねんぴかんのんりき波浪不能没はろうふのうもつ

あるいは大海を漂流して、龍や怪魚や鬼に襲われても、観音の力を念ずれば、波の中に没することはない。

或在須弥峰わくざいしゅみぶ為人所推堕いにんしょすいだ念彼観音力ねんぴかんのんりき如日虚空住にょにちこくうじゅう

あるいは高い山から、突き落とされても、観音の力を念ずれば、日のように空中に留まる。

或被悪人逐わくひあくにんちく堕落金剛山だらくこんごうせん念彼観音力ねんぴかんのんりき不能損一毛ふのうそんいちもう

あるいは悪人に追われ、高い山から落ちても、観音の力を念ずれば、髪の毛一本も損なわない。

或値怨賊繞わくちおんぞくにょう各執刀加害かくしゅうとうかがい念彼観音力ねんぴかんのんりき咸即起慈心げんそくきじしん

あるいは賊に囲まれ、刀で害されそうになっても、観音の力を念ずれば、彼らに慈しみの心が起る。

或遭王難苦わくそうおうなんぐ臨刑欲寿終りんぎょうよくじゅしゅう念彼観音力ねんぴかんのんりき刀尋段段壊とうじんだんだんね

あるいは王に捕えられ、刑により寿命が終わろうとしても、観音の力を念ずれば、刀がばらばらに壊れてしまう。

或囚禁枷鎖わくしゅうきんかさ手足被杻械しゅそくひちゅうかい念彼観音力ねんぴかんのんりき釈然得解脱しゃくねんとくげだつ

あるいは囚われ鎖に繋がれて、手足に枷(かせ)を嵌められても、観音の力を念ずれば、たちまちに解き放たれる。

呪詛諸毒薬しゅそしょどくやく所欲害身者しょよくがいしんしゃ念彼観音力ねんぴかんのんりき還著於本人げんじゃくおほんにん

あるいは呪いや毒薬のため、身が害されそうになっても、観音の力を念ずれば、それらは殺そうとした人に還っていく。

或遇悪羅刹わくぐうあくらせつ毒龍諸鬼等どくりゅうしょきとう念彼観音力ねんぴかんのんりき時悉不敢害じしっぷかんがい

あるいは悪鬼や、毒龍や鬼などに遭っても、観音の力を念ずれば、その時それらは害を与えなくなる。

若悪獣囲繞にゃくあくじゅういにょう利牙爪可怖りげそうかふ念彼観音力ねんぴかんのんりき疾走無辺方しっそうむへんぽう

もしくは悪獣に囲まれて、牙や爪を怖れるときも、観音の力を念ずれば、遠くへ走り去ってしまう。

蚖蛇及蝮蠍がんじゃぎゅうぶっかつ気毒煙火燃けどくえんかねん念彼観音力ねんぴかんのんりき尋声自回去じんしょうじえこう

蜥蜴(とかげ)や蛇、蝮(まむし)や蠍(さそり)が、毒気を吐いても、観音の力を念ずれば、その声を聞くや自ら去ってしまう。

雲雷鼓掣電うんらいくせいでん降雹澍大雨ごうばくじゅだう念彼観音力ねんぴかんのんりき応時得消散おうじとくしょうさん

雷が轟き稲妻が光り、雹が降り大雨が降っても、観音の力を念ずれば、たちまち消散してしまう。

衆生被困厄しゅじょうひこんやく無量苦逼身むりょうくひっしん観音妙智力かんのんみょうちりき能救世間苦のうぐせけんく

人々が困難に遭い、様々な苦しみに攻められているとき、観音の優れた智力により、人々の苦しみが救われる。

具足神通力ぐそくじんつうりき広修智方便こうしゅちほうべん十方諸国土じっぽうしょこくど無刹不現身むせつふげんしん

神通力を具え、広く智恵を修得し、あらゆる方角の国に姿を現わし、現れない国はない。

種種諸悪趣しゅじゅしょあくしゅ地獄鬼畜生じごくきちくしょう生老病死苦しょうろうびょうしく以漸悉令滅いぜんしつりょうめつ

種々のあらゆる悪趣、地獄・餓鬼・畜生、生老病死の苦しみは、これを以ってことごとく滅していく。

真観清浄観しんかんしょうじょうかん広大智慧観こうだいちえかん悲観及慈観ひかんしょうじょうかん常願常瞻仰じょうがんじょうせんごう

真実を観て、清浄の観て、広大な智恵を観て、憐れみを観て、慈しみを観て、常に願い、常に仰ぎみるべきである。

無垢清浄光むくしょうじょうこう慧日破諸闇えにちはしょあん能伏災風火のうぶくさいふうか普明照世間ふみょうしょうせけん

無垢で清らかな光に包まれ、日のごとき智恵は全ての闇を除き、よく災いの風や火を伏せ、あまねく世間を明るく照らす。

悲体戒雷震ひたいかいらいしん慈意妙大雲じいみょうだいうん澍甘露法雨じゅかんろほうう滅除煩悩焔めつじょぼんのうえん

憐れみは雷のように、慈しみの心は雲のように、甘露の法雨を濯(そそ)いで、煩悩の焔(ほのお)を滅する。

諍訟経官処じょうしょうきょうかんしょ怖畏軍陣中ふいぐんじんちゅう念彼観音力ねんぴかんのんりき衆怨悉退散しゅおんしったいさん

法廷で訴えられ、戦場で畏れ怖(お)じけずくも、観音の力を念ずれば、あらゆる敵は退散する。

妙音観世音みょういかんぜおん梵音海潮音ぼんのんかいちょうおん勝彼世間音しょうひせけんおん是故須常念ぜこしゅじょうねん

観世音は優れた音であり、梵天の音であり、海の音であり、世界のあらゆる音に勝る、このため常に念ぜよ。

念念勿生疑ねんねんもつしょうぎ観世音浄聖かんぜおんじょうしょう於苦悩死厄おくのうしやく能為作依怙のういさえこ

一念に念じて疑ってはならない、観世音は浄く聖なり、死や厄に苦悩するところに、よくその拠り所となる。

具一切功徳ぐいっさいくどく慈眼視衆生じげんじしゅじょう福聚海無量ふくじゅかいむりょう是故応頂礼ぜこおうちょうらい

一切の功徳を具え、慈しみ目をもって衆生を視る、福の海は無量であり、これ故礼拝すべきである。

爾時にじ持地菩薩即従座起じじぼさつそくじゅうざき前白仏言ぜんびゃくぶつごん

その時、持地菩薩はすぐに座を起ち、前に進みて仏さまに慎んで申し上げた。

世尊せそん若有衆生にゃくうしゅじょう聞是観世音菩薩品自在之業もんぜかんぜおんぼさつほんじざいしごう普門示現神通力者ふもんじげんじんつうりきしゃ当知是人功徳不少とうちぜにんくどくふしょう

仏さま、もし衆生が、この観世音の自在の業や、普門示現の神通力を聞けば、その人の功徳は少ないことをまさに知るべきです。

仏説是普門品時ぶっせつぜふもんぼんじ衆中八万四千衆生しゅじゅうはちまんしせんしゅじょう皆発無等等かいほつむとうどう阿耨多羅三藐三菩提心あのくたらさんみゃくさんぼうだいしん

仏さまがこの普門品を説かれた時、八万四千の衆生は皆、これまでにない真実の智慧を悟った。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

Wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました