観音経を読む

/仏典

妙法蓮華経 観世音菩薩普門品 第二十五

爾時無尽意菩薩にじむじにぼさつ即従座起そくじゅうざき偏袒右肩へんだんうけん合掌向仏がっしょうこうぶつ而作是言にさぜごん世尊せそん観世音菩薩かんぜおんぼさつ以何因縁名観世音いがいんねんみょうかんぜおん

その時、無尽意菩薩はすぐに座を立ち、右の肩を出し、合掌して仏様に向かって、語りました。世尊様、どのような因縁をもって、観世音と名付けられたのでしょうか?

仏告無尽意菩薩ぶつごうむじんにいぼさつ善男子ぜんなんし若有無量百千万億衆生にゃくうむりょうひゃくせんまんおくしゅじょう受諸苦悩じゅしょくのう聞是観世音菩薩もんぜかんぜおんぼさつ一心称名いっしんしょうみょう観世音菩薩かんぜおんぼさつ即時観其音声そくじかんごおんじょう皆得解脱かいとくげだつ

仏様は無尽意菩薩に告げられました。善き男子よ、もし百千万億もの衆生があって、諸々の苦悩を受けたとき、この観世音菩薩のことを聞いて、一心にその名を称えたなら、観世音菩薩は即時にその声を聴いて、皆が解脱を得ることができる。

若有持是観世音菩薩名者にゃくうじぜかんぜおんぼさつみょうしゃ設入大火せつにゅうだいか火不能焼かふのうしょう由是菩薩威神力故ゆぜぼさついじんりょくこ若為大水所漂にゃくいだいすいしょひょう称其名号しょうごみょうごう即得浅処そくとくせんじょ

もしこの観音菩薩の名を称えている者は、たとえ大火の中に入っても、観音菩薩の神通力のにより、火もこれを焼くことはできない。もし大水の中を漂うことがあっても、その名を称えていれば、すぐに浅い処を得ることができる。

若有百千万億衆生にゃくうひゃくせんまんおくしゅじょう為求金銀いくこんごん瑠璃るり硨磲しゃこ碼碯めのう珊瑚さんご琥珀こはく真珠等宝しんじゅとうほう入於大海にゅうおだいかい仮使黒風吹其船舫けしこくふうすいごせんぽう飄堕羅刹鬼国ひょうだらせつきこく其中若有乃至一人称観世音菩薩名者ごちゅうにゃくうないしいちにんしょうかんぜおんぼさつみょうしゃ是諸人等ぜしょにんとう皆得解脱羅刹之難かいとくげだつらせつしなん以是因縁いぜいんねん名観世音みょうかんぜおん

もし百千万億の衆生が、金・銀・瑠璃・硨磲貝・珊瑚・琥珀・真珠などの宝を求めて大海に乗り入れたとき、たとえ黒い風が吹き荒れ羅刹鬼の住む国に漂着しても、その中に観世音菩薩の名を称える者がいれば、皆羅刹の難から解脱することができる。この因縁を以って観世音と名付けた。

若復有人にゃくぶうにん臨当被害りんとうひがい称観世音菩薩名者しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ彼所執刀杖ひしょしゅうとうじょう尋段段壊じんだんだんね而得解脱にとくげだつ

もしまた人がまさに迫害を受けるに臨んで、観世音菩薩の名を称える者は、相手が執るところの刀や杖は次々壊れてしまい、解脱を得ることができる。

若三千大千国土満中にゃくさんぜんこくどまんちゅう夜叉羅刹やしゃらせつ欲来悩人よくらいのうにん聞其称観世音菩薩名者もんごしょうかんぜおんぼさつみょうしゃ是諸悪鬼ぜしょあっき尚不能以悪眼視之しょうふのういあくげんじし況復加害きょうぶかがい

若し三千の国土の中に満ちている夜叉や羅刹がやって来て、人を悩まそうとしても、観世音の名を称える者の声を聞いたならば、この諸々の悪鬼は、悪眼を以って視ることができなくなり、再び害を与えることはできない。

設復有人せつぶうにん若有罪にゃくうざい若無罪にゃくむざい杻械枷鎖ちゅうかいかさ検繋其身けんげごしん称観世音菩薩名者しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ皆悉断壊かいしつだんね即得解脱そくとくげだつ

また人が罪が有っても、無くても、手枷足枷を嵌められても、観世音菩薩の名を称える者は、皆悉く壊れ解脱することができる。

若三千大千国土満中怨賊にゃくさんぜんだいせんこくどまんちゅうおんぞく有一商主ういちしょうしゅ将諸商人しょうしょしょうにん齎持重宝さいじじゅうほう経過嶮路きょうかけんろ其中一人ごちゅういちにん作是唱言さぜしょうごん諸善男子しょぜなんし勿得恐怖もっとくくふ汝等応当一心称観世音菩薩名号にょとうおうとういっしんしょうかんぜおんぼさみょうごう是菩薩ぜぼさつ能以無畏のういむい施於衆生せおしゅじょう

もし三千の国土に賊が満ち溢れているときに、1人の主が諸々の商人を率い、重宝を持参して険路を通過しているとき、その中の1人が観世音菩薩の名を称えれば、諸々の善き男子を恐怖させることはない。汝等がまさに一心に観世音菩薩の名を称えれば、この菩薩は能く衆生を畏れさせることはない。

汝等若称名者にょとうにゃくしょうみょうしゃしゃ於此怨賊おしおんぞく当得解脱とうとくげだつ衆商人聞しゅうしょうにんもん倶発声言ぐほつしょうごん南無観世音菩薩なむかんぜおんぼさつ称其名故しょうごみょうこ即得解脱そくとくげだつ

観世音菩薩の名を称える者は、この賊の中にあっても、当に解脱することができる。商人たちがこの声を聞けば、共に声を発して南無観世音菩薩と言うだろう。その名を称えるが故に、即ち解脱を得ることができる。

無尽意むじんに観世音菩薩摩訶薩かんぜおんぼさつまかさつ威神之力いじんしりき巍巍如是ぎぎにょぜ

無尽意菩薩よ、観世音菩薩は優れた菩薩であり、その神通力はこのように偉大なのだ。

若有衆生にゃくうしゅじょう多於婬欲たおいんよく常念恭敬観世音菩薩じょうねんくぎょうかんぜおんぼさつ便得離欲べんとくりよく若多瞋恚にゃくたしんに常念恭敬じょうねんくぎょう観世音菩薩かんぜおんぼさつ便得離瞋べんとくりしん

もし淫欲が多い衆生があっても、常に観世音菩薩を念じて慎み敬えば、即ち淫欲を離れることができる。もし憎みや怒りが多くとも、常に観世音菩薩を念じて慎み敬えば、即ち憎みや怒りを離れることができる。

若多愚痴にゃくたぐち常念恭敬観世音菩薩じょうねんくぎょうかんぜおんぼさつ便得離痴べんとくりち無尽意むじんに観世音菩薩かんぜおんぼさつ有如是等うにょぜとう大威神力だいいじんりき多所饒益たしょにょうやく是故衆生ぜこしゅうじょう常応心念じょうおうしんねん

もし愚痴が多くとも、常に観世音菩薩を念じて慎み敬えば、即ち愚痴から離れることができる。無尽意菩薩よ、観世音菩薩はこのような神通力があるので、益することが多い。是ゆえ、衆生は常に心に念じているべきだ。

若有女人にゃくうにょにん設欲求男せつよくぐなん礼拝供養観世音菩薩らいはいくようかんぜおんぼさつ便生福徳智慧之男べんしょうふくとくちえしなん設欲求女せつよくぐにょ便生端正有相之女べんしょうたんじょううそうしにょ宿植徳本しゅくじきとくほん衆人愛敬しゅうにんあいきょう無尽意むじんに観世音菩薩かんぜおんぼさつ有如是力うにょぜりき

もし女の人が、例えば男の子を生みたいと欲すれば、観世音菩薩を礼拝し供養すればよい、即ち福徳と智慧が備わった男の子が生まれるだろう。例えば女の子を生みたいと欲すれば、即ち端正な相姿を持ち、徳が宿り、衆生から愛され敬われる女の子が生まれるだろう。無尽意菩薩よ、観世音菩薩はこのような力があるのだ。

若有衆生にゃくうしゅじょう恭敬礼拝観世音菩薩くぎょうらいはいかんぜおんぼさつ福不唐捐ふくふとうえん是故衆生ぜこしゅじょう皆応受無尽意菩薩名号かいおうじゅじかんぜおんぼさつみょうごう無尽意むじんに若有人にゃくうにん受持六十二億恒河沙菩薩名字じゅじろくじゅうにおくごうがしゃぼさつみょうじ復尽形供養飲食ぶじんぎょうくようおんじき衣服えぶく臥具がぐ医薬いやく於汝意云何おにょいうんが是善男子ぜぜんなんし善女人ぜんにょにん功徳多不くどくたふ

若し衆生が有って、観世音菩薩を礼拝し供養すれば、福が損なわれることはない。是故に衆生は皆まさに観世音菩薩の名号を受持すればよい。無尽意菩薩よ、若し人が六十二億恒河沙もの菩薩の名を受持し、また飲食、衣服、夜具、医薬などの供養を尽くせば、汝の心に於いては如何に思うか。善き男子、善き女子の功徳はいかに多いか。

無尽意言むじんにごん甚多世尊じんたせそん仏言ぶつごん若復有人にゃくぶうにん受持観世音菩薩名号じゅじかんぜおんぼさつみょうごう乃至一時礼拝供養ないしいちじらいはいくよう是二人福ぜににんぷく正等無異しょうとうむい於百千万億劫おひゃくせんまんおくこう不可窮尽ふかぐうじん無尽意むじんに受持観世音菩薩名号じゅじかんぜおんぼさつみょうごう得如是無量無辺とくにょぜむりょうむへん福徳之利ふくとくしり

無尽意菩薩は答えて言うには、甚だ多いと思います世尊様。仏様は言われた、若し人が、観世音菩薩の名号を受持し、只一時でも礼拝し供養したならば、この二人の福は当に等しく異なることはない。それは百千万億劫経つに於いても、窮め尽くすことは不可能だ。無尽意菩薩よ、観世音菩薩の名号を受持するならば、かくの如き無量無辺の福徳の利が得られるだろう。

無尽意菩薩むじんにぼさつ白仏言びゃくぶつごん世尊せそん観世音菩薩かんぜおんぼさつ云何遊此娑婆世界うんがゆうししゃばせかい云何而為衆生説法うんがにいしゅじょうせっぽう方便之力ほうべんしりき其事云何ごじうんが

無尽意菩薩は仏様に慎んで申し上げた。世尊様、観世音菩薩はどのように娑婆世界に現れ、しかもどのようにして衆生の為に法を説くのでしょうか。そして方便の力は如何なるものでしょうか。

仏告無尽意菩薩ぶつごうむじんにぼさつ善男子ぜんなんし若有国土衆生にゃくうこくどしゅじょう応以仏身得度者おういぶつしんとくどしゃ観世音菩薩かんぜおんぼさつ即現仏身そくげんぶっしん而為説法にいせっぽう

仏様は無尽意菩薩にこのように告げた。善き男子よ、もしこの国に衆生があって、まさに仏の身を以って得度すべき者には、観世音菩薩は即ち仏の身を現して、しかもその者のために法を説く。

応以辟支仏身得度者おういびゃくしぶっしんとくどしゃ即現辟支仏身そくげんびゃくしぶっしん而為説法にいせっぽう応以声聞身得度者おういしょうもんしんとくどしゃ即現声聞身そくげんしょうもんしん而為説法にいせっぽう

まさに辟支仏の身を以って得度すべき者には、即ち辟支仏の身を現して、しかもその者のために法を説く。まさに声聞の身を以って得度すべき者には、即ち声聞の身を現して、しかもその者のために法を説く。

応以梵王身得度者おういぼんのうしんとくどしゃ即現梵王身そくげんぼんのうしん而為説法にいせっぽう応以帝釈身得度者おういたいしゃくしんとくどしゃ即現帝釈身そくげんたいしゃくしん而為説法にいせっぽう

まさに梵王の身を以って得度すべき者には、即ち梵王の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに帝釈の身を以って得度すべき者には、即ち帝釈の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以自在天身得度者おういじざいてんしんとくどしゃ即現自在天身そくげんじざいてんしん而為説法にいせっぽう応以大自在天身得度者おういだいじざいてんしんとくどしゃ即現大自在天身そくげんだいじざいてんしん而為説法にいせっぽう

まさに自在天の身を以って得度すべき者には、即ち自在天の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに大自在天の身を以って得度すべき者には、即ち大自在天の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以天大将軍身得度者おういてんだいしょうぐんしんとくどしゃ即現天大将軍身そくげんてんだいしょうぐんしん而為説法にいせっぽう応以毘沙門身得度者おういびしゃもんしんとくどしゃ即現毘沙門身そくげんびしゃもんしん而為説法にいせっぽう

まさに天大将軍の身を以って得度すべき者には、即ち天大将軍の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに毘沙門の身を以って得度すべき者には、即ち毘沙門の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以小王身得度者おういしょうおうしんとくどしゃ即現小王身そくげんしょうおうしん而為説法にいせっぽう応以長者身得度者おういちょうじゃしんとくどしゃ即現長者身そくげんちょうじゃしん而為説法にいせっぽう

まさに小王の身を以って得度すべき者には、即ち小王の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに長者の身を以って得度すべき者には、即ち長者の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以居士身得度者おういこじしんとくどしゃ即現居士身そくげんこじしん而為説法にいせっぽう応以宰官身得度者おういさいかんしんとくどしゃ即現宰官身そくげんさいかんしん而為説法にいせっぽう

まさに居士の身を以って得度すべき者には、即ち居士の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに宰官の身を以って得度すべき者には、即ち宰官の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以婆羅門身得度者おういばらもんしんとくどしゃ即現婆羅門身そくげんばらもんしん而為説法にいせっぽう応以比丘比丘尼おういびくびくに優婆塞優婆夷うばそくうばい身得度者しんとくどしゃ即現比丘比丘尼そくげんびくびくに優婆塞優婆夷身うばそくうばいしん而為説法にいせっぽう

まさに婆羅門の身を以って得度すべき者には、即ち婆羅門の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに比丘や比丘尼や優婆塞や優婆夷の身を以って得度すべき者には、即ち比丘や比丘尼や優婆塞や優婆夷の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以長者おういちょうじゃ居士こじ宰官さいかん婆羅門ばらもん婦女身得度者ぶにょしんとくどしゃ即現婦女身そくげんぶにょしん而為説法にいせっぽう応以童男おういどうなん童女身得度者どうにょしんとくどしゃ即現童男そくげんどうなん童女身どうじょしん而為説法にいせっぽう

まさに長者や居士や宰官や婆羅門の婦女の身の身を以って得度すべき者には、即ち婦女の身を現して、而もその者のために法を説く。まさに童男や童女の身を以って得度すべき者には、即ち童男や童女の身を現して、而もその者のために法を説く。

応以天竜おういてんりゅう夜叉やしゃ乾闥婆けんだっぱ阿修羅あしゅら迦楼羅かるら緊那羅きんなら摩睺羅伽まごらが人非人等身得度者にんにぴにんとうしんとくどしゃ即皆現之そくかいげんし而為説法にいせっぽう応以執金剛神おういしゅうこんごうじん得度者とくどしゃ即現執金剛神そくげんしゅうこんごんじん而為説法にいせっぽう

まさに竜や夜叉や乾闥婆や阿修羅や迦楼羅や緊那羅や摩睺羅伽などの人非人などの身を以って得度すべき者には、即ち皆之を現して、而もそれらのために法を説く。まさに執金剛神を以って得度すべき者には、即ち執金剛神を現して、而もその者のために法を説く。

無尽意むじんに是観世音菩薩ぜかんぜぼさつ成就如是功徳じょうじゅにょぜくどく以種種形いしゅじゅぎょう遊諸国土ゆうしょこくど度脱衆生是故汝等どだつしゅじょうぜこにょとう応当一心供養観世音菩薩おうとういっしんくようかんぜおんぼさつ

無尽意菩薩よ、この観世音菩薩はかくの如き劫徳と成就し、種々の姿で以って諸々の国土に現れ、衆生を解脱させるのだ。是故に汝等は、当に一心に観世音菩薩を供養するがよい。

是観世音菩薩摩訶薩ぜかんぜおんぼさつまかさつ於怖畏急難之中おふいきゅうなんしちゅう能施無畏のせむい是故此娑婆世界ぜこしゃばせかい皆号之為施無畏者かいごうしいせむいしゃ

この観世音菩薩は優れた菩薩であり、急難の中にあって畏れ慄いて於いても、能く畏れ無きことを施してくれる。是故此の娑婆の世界では、皆之を世無為者と呼んでいる。

無尽意菩薩むじんにぼさつ白仏言びゃくぶつごん世尊せそん我今当供養観世音菩薩がこんとうくようぜかんぜぼさつ即解頸衆宝珠瓔珞そくげきょうしゅほうしゅようらく価直百千両金げじきひゃくせんりょうごん而以与之にいよし作是言さぜごん仁者にんしゃ受此法施じゅしほっせ珍宝瓔珞ちんぽうようらく

無尽意菩薩は仏様に謹んで申し上げた。世尊様、我々は今当に観世音菩薩を供養します。そう言って即ち頸(くび)にかけていた百千両の価値がある宝珠の瓔珞(ようらく)を解いて、以って之を与え、このように言った。慈しみ深い者よ、珍宝の瓔珞を法施(ほっせ)としてお受け取りください。

時観世音菩薩じかんぜおんぼさつ不肯受之ふこうじゅし無尽意むじんに復白観世音菩薩言ぶびょくかんぜおんぼさつごん仁者にんじゃ愍我等故みんがとうこ受此瓔珞じゅじようらく爾時仏告観世音菩薩にじぶつごうかんぜおんぼさつ

その時は、観世音菩薩はあえて之を受け取りませんでした。無尽意菩薩は再び観世音菩薩に謹んで申し上げた。慈しみ深い者よ、なにとぞ我等を憐れと思い、此の瓔珞をお受けください。その時仏様は観世音菩薩に告げられました。

当愍此無尽意菩薩とうみんしむじんにぼさつ及四衆ぎゅうししゅう天竜てんりゅう夜叉やっしゃ乾闥婆けんだっぱ阿修羅あしゅら迦楼羅かるら緊那羅きんなら摩睺羅伽まごらが人非人等故にんぴにんとうこ受是瓔珞じゅぜようらく

当に此の無尽意菩薩、及び四衆や天や竜や夜叉や乾闥婆や阿修羅や迦楼羅や緊那羅や摩睺羅伽などの人非人などを憐れとおもって、故に此の瓔珞を受けてあげてください。

即時観世音菩薩そくじかんぜおんぼさつ愍諸四衆みんしょししゅう及於天ぎゅうおてんりゅう人非人等にんぴにんとう受其瓔珞じゅごようらく分作二分ぶんさにぶん一分奉釈迦牟尼仏いちぶんぶしゃかにぶつ一分奉多宝仏塔いちぶんぶたほうぶつ無尽意むじんに観世音菩薩かんぜおんぼさつ有如是自在神力うにょぜじざいじんりき遊於娑婆世界ゆうおしゃばせかい

即時に観世音菩薩は諸々の四衆及び天や竜や人非人等を憐れんで其の瓔珞を受けとり、それらを二つに分け、一つは世尊様に奉り、一つは多宝仏塔に奉りられました。無尽意菩薩よ、観世音菩薩はかくの如き自在の神通力をもって、娑婆の世界に現れるのた。

爾時無尽意菩薩にじむじんにぼさつ以偈問曰いげもんわつ

その時、無尽意菩薩は偈(げ)で以ってこう言われた。

観音経偈を読む
観音経、観世音菩薩普門品第二十五、観音経偈、法華経、世尊、観世音、念彼観音力
宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました