大祓詞を読む

/神道

大祓詞とは

大祓詞(おおはらえのことば)とは、神道の祭祀に用いられる祝詞の1つで、罪や穢れを祓い、災難や不吉なものを遠ざけるなどの効果があります。

大祓詞は、6月30日の夏越しの祓(なごしのはらえ)と、12月31日の年越しの大祓
(としこしのはらえ)という年2回の神事(大祓)で唱えられます。

大祓詞を読む

高天原たかまのはら神留かむづまりす、すめら親神漏むつかむろ岐神漏がぎかむろ美命みのみことちて、八百萬やほろず神等かみたちを、神集かむつどへに集賜つどへたまひ、神議かむはかりにはかたまひて

高天原にいらっしゃる皇神(スメミオヤノカミ)は数多くの神々を集めて、話し合いを重ねて、

皇御すめみ孫命まのみことは、豊葦原水穂國とよあしはらのみづほのくにを、安國やすくにたひらけく知食しろしめせと、事依奉ことよさしまつりき、依奉よさしまつりし國中くぬち荒振あらぶる神等かみたちをば

皇御孫命(ニニギノミコト)に、瑞穂の国(日本)を平和で安らかな国として治めるようにと託された。しかし、国の中に荒れた神達が出てきたので、

神問かむとはしに問賜とはしたまひ、神掃かむはらひに掃賜はらひたまひて、語問こととひし磐根いはね樹根立草きねたちくさ片葉かきはをも語止ことやめて、あめ磐座放いはくらはな

従うかどうか何度も問い、従わない神達を討伐して追い払うと、岩や草木の片端まで静かになった。そこで皇御孫命(ニニギノミコト)は、天の岩倉を出発して、

あめ八重雲やへぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて、天降あまくだ依奉よさしまつりき、依奉よさしまつりし、四方よも國中くになかと、大倭日高見國おほやまとひだかみのくにを、安國やすくに定奉さだめまつりて

幾重の雲を押し分けて、地上に降臨された。皇御孫命(ニニギノミコト)は国の中心として、大倭日高国(日本)を平和で安らかな国と定めて、

した磐根いはね宮柱太敷立みやばしらふとしきたて、高天原たかまのはら千木高知にちぎたかしりて、皇御孫命すめみまのみことみづ御殿仕奉みあらかつかへまつりて、あめ御蔭みかげ御蔭みかげ隠坐かくりまして

地中深く穴を掘り太い柱を立て、屋根には高天原に届くかのような千木(ちぎ)を立て、立派な宮殿を造られた。そしてその宮殿に籠り、

安國やすくにたいらけくろしさむ國中くぬちに、でむあめ益人等ますひとらが、あやまおかしけむ、種種くさぐさ罪事つみごとは、あまつみくにつみ許許太久ここだく罪出つみいでむ、でば

この国を平和で安らかな国として治めましたが、そうした中で生まれてくる人々が、様々な過ちを犯すようになるだろう。このようになった時は、

あま宮事以みやごともちて、あま金木かなぎ本打もとう末打すえうちて、千座ちくら置座おきくららはして、あま菅麻すがそ本刈もとかり断ち、末刈すえかり切りて

高天原の神々の儀式にならって、木々の上下を切り揃えて、千座の台の上に置き、麻の上下も切り揃えて長さを整えて、

八針やはりに取り裂きて、あま祝詞のりと太祝詞事ふとのりとごとれ、らば、あまつ神は、あめ磐門いはとを押しひらきて

それを細かく裂いて、高天原の神聖な祓いの祝詞を唱えなさい。そうすると、高天原の神々は天岩戸を押し開き、

あま八重雲やへぐもを、伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて、聞こしさむ、くにつ神は高山たかやますえ 短山ひきやまの末にのぼして、高山たかやま伊褒理いぼり

幾重もの雲をで押し分けて、聞いてくださるでしょう。地上の神も、高い山や低い山に登り、

短山ひきやま伊褒理いぼりけて、聞こしさむ、く聞こししてば、罪とふ罪はらじと、科戸しなどの風のあめ八重雲やへぐもを吹き放つ事のごと

雲や霧をかき分けて、聞いてくださるでしょう。このようにお聞きくだされば、罪という罪は、風が幾重もの雲を吹き飛ばすように、

あした御霧みぎりゆふべ御霧みぎりを、朝風夕風あさかぜゆふかぜの吹きはらふ事の如く、大津邊おほつべ大船おほふねを 舳解へとき放ち、艫解ともとき放ちて、大海原に押し放つ事の如く

朝夕に立ちこめる霧を風が吹き払うように、港に繋がれた大船を大海に解き放つように、

彼方をちかた繁木しげきもとを、焼鎌やきがま敏鎌以とがまもちて打ちはらふ事の如く、のこる罪はらじと、はらへ給ひ清め給ふ事を

生茂った木々を鋭い鎌で切り払うように、一切の罪は祓い清められるでしょう。

高山たかやまの末、短山ひきやまの末より、佐久那太理さくなだりに落ち多岐たぎつ、速川はやかはの瀬にす、瀬織津比売せおりつひめふ神、大海原おほうなばらに持ちでなむ

祓い清められた罪は、高い山や低い山から勢いよく流れる川瀬にいる瀬織津比売(セオリツヒメ)と呼ばれる神様が、大海に流し去ってくれます。

く持ち出でなば、荒潮あらしほしほ八百道やほぢ八潮道やしほぢしほ八百會やほあひす、速開都比売はやあきつひめふ神、持ち加加呑かかのみてむ、加加呑かかのみてば

大海に流された罪は、荒潮の渦の中の速開津比売(ハヤアキツヒメ)という神様が、呑み込んでくれるでしょう。

氣吹戸いぶきど氣吹戸主いぶきどぬしふ神、根國底國ねのくにそこのく氣吹いぶき放ちてむ、氣吹いぶき放ちてば、根國底國ねのくにそこのくにす、速佐須良比売はやさすらひめふ神

呑み込まれた罪は、気吹戸主(イブキドヌシ)という神様が、黄泉の国へと吹き払ってくれます。そして、黄泉の国にいる、速佐須良比売(ハヤサスラヒメ)という神様が、

持ち佐須良さすらうしなひてむ、佐須良さすらひ失ひてば、罪とふ罪はらじと、はらへ給ひ清め給ふ事を、あまつ神くにつ神八百萬神等共やほろづのかみたちともに、聞こしせとまを

どこかへ運び去り、きれいに消し去ってくれます。このように、あらゆる罪を浄化するよう、祓い清めてくださるよう、高天原の神々に謹んで申し上げます。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました