般若心経を読む

/仏典

般若心経とは

般若心経(般若波羅蜜多心経)とは、600巻の及ぶ般若経経典(大般若波羅蜜多経)のエッセンスを、わずか262文字に凝縮した経典とされています。現在最も流布しているのは玄奘訳とされる小本系の漢訳であり、「般若心経」と言えば一般にこれを指します。

尚、現在のインドには梵語による原本は残っておらず、梵語で書かれた写本がネパールや日本にあるのみです。日本では奈良の法隆寺に梵語の写本があり、現存するものでは世界最古とされています。

般若心経を読む

摩訶般若波羅蜜多心経まかはんにゃはらみったしんぎょう

偉大なる真実の智慧を得るための教え。

観自在菩薩かんじざいぼさつ行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはんにゃはらみったじ照見五蘊皆空しょうけんごうんかいくう度一切苦厄どいっさいくやく

観音菩薩が真実の智慧を求めて修行をしたとき、この世の全ての存在や現象は「空」である(実体がない)ことを悟り、それにより、全ての苦しみから解放されました。

舎利子しゃりし色不異空しきふいくう空不異色くうふいしき色即是空しきそくぜくう空即是色くうそくぜしき

シャーリプトラよ、この世の全ての存在は「空」であることに変わりなく、「空」はこの世の全ての存在であることに変わりない、この世の全ての存在は実体がなく、実体がないことが存在なのである。

じゅそうぎょうしき亦復如是やくぶにょぜ

感覚も、想起することも、意志も、認識することも、同じように実体がない。

舎利子しゃりし是諸法空相ぜしょほうくうそう不生不滅ふしょうふめつ不垢不浄ふくふじょう不増不減ふぞうふげん

シャーリプトラよ、この世の全ての存在には実体がないため、生じることも滅することもなく、汚れたものでも浄いものでもなく、増えることも減ることもない。

是故空中無色ぜこくうちゅうむしき無受想行識むじゅそうぎょうしき

実体がないため存在もなく、感覚も、想うことも、意志も、認識もない。

無眼耳鼻舌身意むげんじびぜつしんい無色声香味触法むしきしょうこうみしょくほう無眼界乃至むげんかいないし無意識界むいしきかい

眼も、耳も、鼻も、舌も、身体も、心もなく、形も、声も、香りも、味もなく、触れられず、心の対象もない、眼の対象となる形から、心の対象まで全てがない。

無無明むむみょう亦無無明尽やくむむみょうじん乃至ないし無老死むろうし亦無老死尽やくむろうしじん

迷いもなく、迷いがなくなることもなく、老いも死もなく、老いと死がなくなることもない。

無苦集滅道むくしゅうめつどう無智亦無得むちやくむとく

苦しみも、その原因も、苦しみを滅することも、そのための道もない、知ることも得るところもない。

以無所得故いむしょとくこ菩提薩埵ぼだいさった依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ心無罣礙しんむけげ無罣礙故むけげこ無有恐怖むうくふ

得るものがないから、菩薩は、真実の智慧を求めて修行し、心に妨げがなく、心に妨げがないから、恐れることもない。

遠離一切顛倒夢想おんりいっさいてんとうむそう究竟涅槃くきょうねはん三世諸仏さんぜしょぶつ依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ得阿耨多羅三藐三菩提とくあのくたらさんみゃくさんぼうだい

誤った考え方から遠く離れて、永遠の平安に入っている、過去・現在・未来の「仏」は、真実の智慧を求めて修行し、正しい悟りを得られた。

故知こち般若波羅蜜多はんにゃはらみった是大神呪ぜだいじんしゅ是大明呪ぜだいみょうしゅ是無上呪ぜむじょうしゅ是無等等呪ぜむとうどうしゅ能除一切苦のじょいっさいく真実不虚しんじつふこ

それ故知るべきである、真実の智慧は、大いなる神聖な真言であり、悟りの真言であり、最上の真言であり、比べるもののない真言である、全ての苦しみは取り除かれ、偽りのない真実である。

故説こせつ般若波羅蜜多呪はんにゃはらみったしゅ即説呪曰そくせつしゅわつ

その真実の智慧である真言は、以下のように説かれた。

羯諦羯諦ぎゃていぎゃてい波羅羯諦はらぎゃてい波羅僧羯諦はらそうぎゃてい菩提薩婆訶ぼじそわか般若心経はんにゃしんぎょう

往ける者よ、往ける者よ、仏の国に往ける者よ、仏の智慧を得た者よ、その悟りに幸あれ、ここに真実の智慧は得られた。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました