/東洋の思想

バラモン教とは

婆羅門、ヴェーダの宗教、古代のヒンドゥー教、業(カルマ)、因果応報、転生輪廻、解脱、四姓制(カースト)、四住期
/東洋の思想

論語の話

儒教の始祖である孔子の言行録、儒教の入門書として広く普及、論語のことわざ
/東洋の思想

老子を読む(下篇)

紀元前6世紀頃の中国の哲学者、老子道徳経、大器晩成、和光同塵、無為にして化す、柔よく剛を制す、小国寡民など
/東洋の思想

老子を読む(上篇)

紀元前6世紀頃の中国の哲学者、老子道徳経、無為の治、小国寡民、大器晩成、和光同塵、柔よく剛を制す
/東洋の思想

荘子を読む(逍遥遊篇)

紀元前4世紀頃(戦国時代)の中国の哲学者。老荘思想。あるがままの無為自然を基本とし、人為を忌み嫌う。
/東洋の思想

孫子を読む(3/3)

紀元前500年頃の中国の軍事思想家である孫武の作とされる兵法書。第十 地形篇、第十一 九地篇、第十二 火攻篇、第十三 用間篇
/東洋の思想

孫子を読む(2/3)

紀元前500年頃の中国の軍事思想家である孫武の作とされる兵法書。第六 虚実篇、第七 軍争篇、第八 九変篇、第九 行軍篇
/東洋の思想

孫子を読む(1/3)

紀元前500年頃の中国の軍事思想家である孫武の作とされる兵法書。第一 計篇、第二 作戦篇、第三 謀攻篇、第四 形篇、第五 勢篇
/東洋の思想

道教とは

中国古代からの信仰を基盤、神仙思想、道家・易・陰陽・五行・卜占、道観・宮観、道士、道蔵、呪術と儀式、養生術、抱朴子