老子を読む(下篇)

/東洋の思想

下篇(徳経)

【論德第三十八】じょうとくとくとせず、ここもっとくり。とくとくうしなわず、ここもっとくし。じょうとく無為むいにして、もっためにするく、とくこれして、もっためにするり。じょうじんこれしてもっためにするし。じょうこれしてもっためにするり。じょうれいこれしてこれおうずることければ、すなわひじはらいてこれく。ゆえみちうしないてのちとくあり、とくうしないてのちじんあり、じんうしないてのちあり、うしないてのちれいあり。れいは、ちゅうしんうすきにして、らんはじめなり。前識ぜんしきは、みちはなにして、はじめなり。ここもっだいじょうは、あつきにりてうすきにらず、じつりてはならず。ゆえかれりてこれる。

【三十八】高い徳を持つ人は、徳を意識しないので徳を持つことができる。低い徳を持つ人は、徳を失わないようにするので徳を持つことができない。高い徳を持つ人は徳を行わないので、打算のために行うこともない。低い徳を持つ人は徳を行っても、それは打算のために行う。高い仁を持つ人は仁を行うが、打算のために行うのではない。高い義を持つ人は義を行うが、それは打算のために行う。高い礼を持つ人は、礼を行いそれに相手が応えなければ相手を従わせる。そのため、道が失われた後に徳があり、徳が失われた後に仁があり、仁が失われた後に義があり、義が失われた後に礼がある。礼は真心が薄く、混乱の始まりである。未来の予測は見せかけの道であり、愚かさの始まりでもある。だから立派な君子は厚みのあるところに居り、薄っぺらなところには居らず、実のあるところに居り、見せかけのところには居ない。そのため見せかけを捨て、実のある道を取るのである。

【法本第三十九】むかしいつたるものてんいつもっきよく、いつもっやすく、しんいつもっれいに、たにいつもっち、万物ばんぶついつもっしょうじ、侯王こうおういつもってんている。これいたすは、いつなり。てんもっきよきことければ、まさおそらくはけん。もっやすきことければまさおそらくはひらかん。しんもっれいなることければまさおそらくはまん。たにもっつることければまさおそらくはきん。万物ばんぶつもっしょうずることければまさおそらくはほろびん。侯王こうおうもっこうなることければまさおそらくはたおれん。ゆえせんもっもとし、こうかならもっもといす。ここもっ侯王こうおうみずかこくう。せんもっもとすにあらずや。なるか。ゆえ数〻しばしばむるをいたせばほまし。琭琭ろくろくとしてたまごとく、落落らくらくとしていしごときをほっせず。

三十九】昔の道を得た者、天は道を得て清らかで、地は道を得て安らかで、神は道を得て霊妙であり、谷は道を得て水で満ちており、万物は道を得て生まれ、王侯は道を得て天下の長となる。そのようにしたのは道である。天はそれを清くする道がなければ裂け、地はそれを安らかにする道がなければ崩れ、神はそれを霊妙にする道がなければ失われ、谷はその水を満す道がなければ枯れ、万物はそれを生む道がなければ滅び、王侯はそれを天下の長とさせる道がなければ倒れる。高貴なものは卑賤なものを根本とし、高いものは低いものを基本とする。そのため王侯は、自分を孤児とか孤独とか不幸などと呼んでいる。これは卑賤な者を根本にするからではないのか。だから名誉を求め過ぎると名誉はなくなる。美しいだけの玉であることも、固いだけの石であることも欲しない。

【去用第四十】はんみちどうなり。じゃくみちようなり。てん万物ばんぶつよりしょうじ、よりしょうず。

四十】根本に還ることが道の働きであり、弱さは道の作用である。万物は有から生まれ、有は無から生まれる。

【同異第四十一】じょうみちけば、つとめてこれおこなう。ちゅうみちけば、そんするがごときがごとし。下士かしみちけば、おおいにこれわらう。わらわざれば、もっみちすにらず。ゆえ建言けんげんこれり。明道めいどうくらきがごとく、進道しんどう退しりぞくがごとく、どうらいなるがごとく、じょうとくたにごとく、大白たいはくけがれたるがごとく、広徳こうとくらざるがごとく、建徳けんとくうすきがごとく、質真しっしんかわるがごとし。大方たいほうぐうく、たい晩成ばんせいし、大音たいおんせいにして、大象たいしょうけいなり。みちかくれてし。みちしてす。

四十一】上位の者に道について聞けば、力を尽くして実践する。中位の者に道について聞けば、実践したりしなかったりする。下位の者に道について聞けば、大声でこれを笑う。下位の者に笑われないようでは道として十分ではない。だから格言にこのようにある。明らかな道は暗く見え、進むべき道は退くべき道のように見え、平らな道は起伏のある道に見え、優れた徳は空虚に見え、潔白は汚れているように見え、広大な徳は不足しているように見え、健全な徳は不健全なものに見え、純粋で質の良いものは変化しやすく、大きな四角は四隅が見えず、大きな器は完成するのが遅く、大きな音声は聞き取れず、大きな形には形がない。道は目には見えず名前もないが、万物の手助けをして、それを成し遂げさせる。

  • 大器晩成(たいきばんせい)
    本当の大人物は、若いころには才能を現さず、人より遅れて頭角を現すという例えで、優れた人物が出来上がるには時間が掛かるという意味を持ちます。
【道化第四十二】みちいつしょうじ、いつしょうじ、さんしょうじ、さん万物ばんぶつしょうず。万物ばんぶついんいてよういだき、ちゅうもっす。ひとにくところは、こくなるも、しかるに王公おうこうもっしょうす。ゆえものあるいはこれそんしてし、あるいはこれしてそんす。ひとおしうるところは、われこれおしう。強梁きょうりょうなるものず、と。われまさもっおしえのちちさんとす。

四十二】道は一を生み、一は二を生み、二は三を生み、三は万物を生む。万物は陰の気と陽の気をその内に持ち、それを混ぜて調和させている。人が憎むのは孤児と孤独と不幸であるが、王侯はそれを自称している。だから物は減らせば増えることもあり、増やせば減ることもある。人が教えようとすることを、私も教えよう。力で押す者はまともな死に方をしない。私はこのことを教えの根本としよう。

【徧用第四十三】てんじゅうは、てんけんていす。ゆうかんる。われここもっ無為むいえきるをる。げんおしえ、無為むいえきは、てんこれおよぶものまれなり。

四十三】世の中で最も柔らかいものが、世の中の最も堅いものを突き動かす。形の無いものが隙間の無いところへ入っていく。私はこのことから、何もしないことが有益であると知った。言葉のない教え、無為の利益に、世の中で及ぶものはほとんどない。

【立戒第四十四】とはいずれかしたしき。とはいずれかまされる。るとうしなうとはいずれかうれいある。ゆえはなはあいすればかならおおいについえ、おおぞうすればかならあつうしなう。るをればはずかしめられず、とどまるをればあやうからず、もっ長久ちょうきゅうなるし。

四十四】名誉と身体はどちらが身近であろうか。身体と財貨はどちらが大切であろうか。得ることと失うことはどちらが苦しみであろうか。過度に惜しむことは大きな浪費につながる。過度に貯め込むことは、大きく失うことになる。満足することを知れば、屈辱を受けることはなく、止まることを知れば、危険に陥ることはなく、永らえることができる。

【洪德第四十五】大成たいせいくるがごとくなれども、ようやぶれず。大盈たいえいむなしきがごとくなれども、ようきわまらず。たいちょくくっするがごとく、大功たいこうせつなるがごとく、大弁たいべんとつなるがごとし。そうかんち、せいねつつ。清静せいせいてんせいる。

四十五】最も完成したものは、欠けているように見えるが、その働きは止まることはない。最も満たされたものは、空虚のように見えるが、その働きは限りがない。真っ直ぐなものは曲がって見え、優れた技は拙劣に見え、雄弁なものは口下手に見える。動き回れば寒さに勝ち、静かにすれば暑さに勝ち、清く静かなものが世の中の模範となる。

  • 大功は拙なるがごとし[大巧若拙]
    真実なるものは全て作為を捨てて自然のままであるから、返って真実とは捉えにくいということの例えで、大事を志す人間が他人に警戒されないように、愚鈍を装う場合にも使われます。
【儉欲第四十六】てんみちれば、そうしりぞけてもっつちかい、てんみちければ、じゅうこうしょうず。つみよくよりだいなるはく、わざわいるをらざるよりだいなるはく、とがんとほっするよりだいなるはし。ゆえるをるのるは、つねるなり。

四十六】世の中に道があるならば、馬は農耕に使われ、世の中に道がなければ、軍馬が多くなる。欲望が多いことよりも大きな罪悪はなく、満足を知らないことよりも大きな災禍はなく、他人の物を欲しがることよりも大きな不幸はない。満足を知ることができれば、常に満足できるのである。

【鑒遠第四十七】でずしててんり、まどうかがわずして天道てんどうる。づること弥〻いよいよとおければ、ること弥〻いよいよすくなし。ここもっ聖人せいじんかずしてり、ずしてあきらかに、さずしてる。

四十七】戸口から出なくても世の中のことを知り、窓から外を見なくても天の道を見ることができる。遠くに行くほど、道のことは分からなくなる。そのため、聖人は外に行かずに知り、何も見ないでも分かり、何も行わなくても成し遂げる。

【忘知第四十八】がくせばし、みちせばそんす。これそんしてまたそんし、もっ無為むいいたる。無為むいにしてさざるし。てんるはつね無事ぶじもってす。ゆうおよびては、もってんるにらず。

四十八】学問をすれば日々やることが増えてゆくが、道を行えば日々やることが減っていく。やることを減らし、更に減らして、何もやることがない状態になる。何も行わないのに、成さないことはない。世の中を治めるには、常に何も行わないようにする。何かを行うようでは、世の中を治めることはできない。

【任德第四十九】聖人せいじんつねこころく、ひゃくせいこころもっこころす。ぜんなるものわれこれぜんとし、ぜんなるものわれこれぜんとす。とくぜんなり。しんなるものわれこれしんとし、しんなるものわれこれしんとす。とくしんなり。聖人せいじんてんるや、歙歙きゅうきゅうとしててんためこころにごす。ひゃくせいみなもくそそぐ。聖人せいじんみなこれがいにす。

四十九】聖人は常に無心で、人民の心を自分の心としている。善良な者については、聖人も善とするが、善良でない者についても、聖人は善とする。つまり徳とは善である。誠実な者については、聖人も誠実であるが、誠実でない者についても、聖人は誠実であろうとする。つまり徳とは誠実さである。聖人は世の中にあるとき、拘りがなく、好悪の心を持たない。人民はみんな聖人の様子を伺っているが、聖人は人民を赤子のようにしてしまう。

【貴生第五十】せいでてる。せいじゅうさんり。じゅうさんり。ひとせいうごきて死地しちくもの、じゅうさんり。なんゆえぞ。せいせいとするのあつきをもってなり。けだく、せいせっするものは、陸行りくこうして兕虎じこわず、ぐんりて甲兵こうへいこうむらず。つのとうずるところく、とらつめところく、へいやいばるるところし。なんゆえぞ。死地しちきをもってなり。

五十】人は生まれ出て、死んでいく。生を全うする者は、十人のうち三人で、早く死ぬ者は、十人のうち三人である。また、みだりに行動して死地に向かう者は、十人のうち三人である。それは、生きることに執着しているからである。聞くところによると、上手く命を守る者は、陸を通っても犀(さい)や虎を避けず、軍に入っても鎧や武器を身に付けない。犀もその角を突くことができず、虎もその爪を立てることができず、敵兵もその刃を加えることができない。そのような人間には死地がないからである。

【養德第五十一】みちこれしょうじ、とくこれやしない、ものこれあらわし、せいこれす。ここもっ万物ばんぶつみちたっととくたっとばざるはし。みちたっとき、とくたっとき、これめいずることくしてつねおのずからしかり。ゆえみちこれしょうじ、とくこれやしない、これちょうじ、これそだて、これし、これじゅくし、これやしない、これおおう。しょうじてゆうせず、してたのまず、ちょうじてさいせず。これ玄徳げんとくう。

五十一】道が万物を生み出し、徳がそれを養い、物として形作り、働きを成す。そのため万物は道を尊び、徳を貴ぶ。道や徳が尊貴であるのは、誰かが命じたのではなく、自然にそうなっている。だから道は万物を生み出し、徳がこれを養い、成長させて育て、形を作り熟して、養い守る。生み出しても所有せず、形作っても求めず、成長させても支配せず。これを深遠な徳という。

【歸元第五十二】てんはじり、もってんははす。すでははり、またり、すでりて、またははまもれば、ぼっするまであやうからず。あなふさぎ、もんずれば、しゅうしんつかれず。あなひらき、ことせば、しゅうしんすくわれず。しょうるをめいい、じゅうまもるをきょうう。ひかりもちいて、めいふっせば、わざわいのこすことし。これ習常しゅうじょうう。

五十二】世の中には始まりがあり、それを母と言うことができる。母を知れば、その子(世界)を知ることができ、その子を知り、その母を守れば、一生危ういことはない。目や耳を塞いで、欲望を閉じるならば、死ぬまで疲れることはない。目と耳を開いて、欲望を為せば、一生救われることはない。小さいものを見ることを明といい、柔軟さを保つことを強さという。光を用いて明へと戻れば、我が身に災いが降りかかることはない。これは永遠に続く道に従うことである。

【益證第五十三】われをして介然かいぜんとしてらしめば、大道たいどうくに、おそる。大道たいどうはなはたいらかなれども、たみこみちこのむ。ちょうはなはきよめられ、はなはれ、くらはなはむなしきに、文綵ぶんさいふくし、けんび、いんしょくき、ざいあまり。これとうう。どうなるかな。

【五十三】私に確かな知恵があれば、大いなる道を行くとき、脇に逸れることを恐れる。大いなる道は平らなのに、人々は小さな道を好む。政治は腐敗し、田畑は荒れ、倉庫は空になり、派手な服を着て、立派な剣を持ち、飲み食いに飽き、財貨は余るほどある。これを盗人といい、道ではない。

【修觀第五十四】つるものけず、いだものだっせず。そんもっさいしてまず。これおさむれば、とくすなわしんなり。これいえおさむれば、とくすなわあまる。これきょうおさむれば、とくすなわながし。これくにおさむれば、とくすなわゆたかなり。これてんおさむれば、とくすなわあまねし。ゆえもっいえもっいえきょうもっきょうくにもっくにてんもってんる。われなにもってんしかるをるや。これもってなり。

【五十四】よく建てられたものは抜けず、よく抱かれたものは落ちず、子孫は祭祀を絶やさない。道をその身に修めれば、その徳は真実となり、道をその家に修めると、その徳はあり余り、道をその郷里に修めれば、その徳は長続きし、道をその国に修めると、その徳は豊かになり、道を世の中に修めると、その徳は全てに及ぶ。

【玄符第五十五】とくふくむことのあつきは、せきす。どくちゅうさず、もうじゅうらず、かくちょうたず。ほねよわきんやわらかにしてにぎることかたし。いまひんごうらずしてすいつは、せいいたりなり。しゅうじつさけびてれざるは、いたりなり。るをじょうい、じょうるをめいう。せいすをしょうい、こころ使つかうをきょうう。ものさかんなればすなわゆ、これどうう。どうはやむ。

【五十五】豊かな徳を持つ人は赤子に例えられる。虫に刺されず、獣も近寄らず、猛禽にも打たれない。骨は弱く筋肉も柔らかいのに、固く握ることができる。男女の交わりを知らないのに立つのは精気のせいである。一日中泣いているのに枯れないのは、和のせいである。和を知ることを恒常といい、恒常を知ることを明知という。生きることに執着することは禍いで、気を使うことを頑張りという。物事は盛んになれば衰えるが、これは道ではない。道でなければ早く滅びる。

【玄德第五十六】ものわず、ものらず。あなふさぎ、もんざし、えいくじき、ふんき、ひかりやわらげ、ちりどうず。これ玄同げんどうう。ゆえしたしむからず、うとんずからず。からず、がいからず。たっとからず、いやしむからず。ゆえてんる。

【五十六】知者はものを言わず、もの言う者は知者ではない。目と耳を塞ぎ、欲望を閉じ、知恵の鋭さを弱め、知恵の煩わしさを解き、知恵の光を和らげ、世の中と一体となる。これを深い統一という。だから世の中は彼を親しむことができず、疎んずることもできず、利することもできず、害することもできず、貴ぶこともできず、賤しむこともできない。だから世の中の貴いものとなる。

  • 和光同塵(わこうどうじん)
    凡庸として掴みどころのない有様の形容で、どう見たらよいか判断の手掛かりを与えない人間が、最も偉大であると説きます。
【淳風第五十七】せいもっくにおさめ、もっへいもちい、無事ぶじもってんる。われなにもっしかるをるや。これもってなり。てん忌諱ききおおくして、たみ弥〻いよいよまずし。たみ利器りきおおくして、こっ滋〻ますますくらし。ひとこうおおくして、ぶつ滋〻ますますおこる。法令ほうれい滋〻ますますあきらかにして、盗賊とうぞくおおり。ゆえ聖人せいじんう、われ無為むいにしてたみおのずからし、われせいこのみてたみおのずからただしく、われ無事ぶじにしてたみおのずからみ、われよくにしてたみおのずからぼくなり、と。

五十七】正道をもって国を治め、奇策を用いて戦を行い、何もしないことで世の中を治める。私は道によりそれを知っている。世の中に禁令が多くなれば、人々は貧しくなり、人々が多く武器を持つほど、国はますます混乱し、人々が多く技術を持つほど、奇怪なものが増え、規制が厳しくなるほど、盗賊が増える。そこで、聖人はこう言っている。私が何もしないことで、人々は自ら教化され、私が静かさを好むことで、人々は自ら正しくなり、私が事を起こさないことで、人々は自ら豊かになり、私が何も欲さないことで、人々は自ら素朴になると。

  • 無為にして化す[我無爲而民自化]
    倫理や道徳などはあらためて説かなくても、自然にしておれば、人民を感化することができる。無為だからこそ、人を感化することができると説きます。
【順化第五十八】まつりごと悶悶もんもんたれば、たみ醇醇じゅんじゅんたり。まつりごと察察さつさつたれば、たみ欠欠けつけつたり。わざわいふくところふくわざわいふくところたれきょくらん。せいし。せいり、ぜんようる。ひとまよえるや、もとよりひさし。ここもっ聖人せいじんほうにしてかず、れんにしてらず、ちょくにしてならず、ひかりあるもかがやかさず。

五十八】政治が大まかであれば、人々は純朴である。政治が細かいと、人々は不満を持つ。災いには幸福が寄りそっており、幸福には災い潜んでいる。誰が禍福の究極を知っているだろうか。絶対的な正しさはない。正しいものは偽でもあり、善なるものは悪でもある。人が迷うようになってから長い時間が経っている。そのため聖人は、正しくても人を傷つけず、鋭くても人を刺さず、真っ直ぐでもそれを押し通さず、光があってもそれを見せない。

【守道第五十九】ひとおさてんつかうるは、しょくくはし。しょくこれはやふくすとう。はやふくする、これかさねてとくむとう。かさねてとくめば、すなわたざるし。たざるければ、すなわきょくし。きょくければ、もっくにたもし。くにははたもてば、もっ長久ちょうきゅうなるし。これふかくしていかたくし、ちょうせいきゅうみちう。

五十九】人々を治め天に仕えるには、節約以外にない。節約をすることは道に早く従うことである。早く道に従うことで、繰返し徳を積むという。徳を積めば勝てないものはない。勝てないものがなければ、限界を知ることはない。限界を知ることがなければ、国を保つことができる。国の根本を保てば、その国は久しく永らえる。これが根を深く太くする方法であり、久しく長らえる道と言われている。

【居位第六十】大国たいこくおさむるは、しょうせんるがごとし。みちもってんのぞめば、しんならず。しんならざるにあらず、しんひとそこなわず。しんひとそこなわざるにあらず、聖人せいじんひとそこなわず。ふたつながらあいそこなわず。ゆえとく交〻こもごもす。

【六十】大国を治めるには、小魚を煮るようなものだ。道によって世の中を治めれば、鬼神も封じられる。鬼神が封じられれば、人に害を及ぼさない。鬼神が人に害を及ぼさないが、聖人も人に害を及ぼさない。鬼神も聖人も人に害を及ぼさないから、その恩恵は人々に及ぶのだ。

  • 大国を治るは、小鮮を煮るがごとし[治大國、若烹小鮮]
    大国を治めるには、小魚を煮るように、あれこれ手を加えない方が良い。人民が支配者の存在を意識しないような、そのような統治が最善であると説きます。
【謙德第六十一】大国たいこくりゅうなり。てんこうなり。てんひんなり。ひんつねせいもっつ。せいもっくだることをすなり。ゆえ大国たいこくもっしょうこくくだれば、すなわしょうこくる。しょうこくもっ大国たいこくくだれば、すなわ大国たいこくらる。ゆえあるいはくだりてもっり、あるいはくだりてらる。大国たいこくひとやしなわんとほっするにぎず、しょうこくりてひとつかえんとほっするにぎず。りょうしゃ各〻おのおのほっするところんとせば、だいなるものよろしくくだることをすべし。

【六十一】大国は下流に位置し、世の中の要衝であり女性的である。女性は静かであるがゆえ男性に勝る。静かで謙虚だからである。だから、大国は小国に対し謙虚になれば、小国を従えることができる。小国は大国に対し謙虚になれば、大国に受け入れられる。だから、謙虚になることで従えることもでき、謙虚になることで受け入れられる。大国は小国を養うにすぎず、小国は大国に仕えるにすぎない。両国がそれぞれの欲することを得ようとすれば、大国が謙虚になるのがよい。

【爲道第六十二】みち万物ばんぶつおくなり。善人ぜんにんたからにして、善人ぜんにんやすんぜらるるところなり。げんもっく、尊行そんこうもっひとくわし。ひとぜんなるも、なんつることからん。ゆえてんて、三公さんこうき、きょうへきもっ駟馬しばさきだつりといえども、してみちすすむにかず。いにしえみちたっと所以ゆえんなんぞ。もっもとむればつみるももっまぬがるとわずや。ゆえてんる。

【六十二】道は万物の奥深くにあり、善人の宝であり、不善の人もそれにより守られている。美しい言葉は人に受け入れられ、尊い行動は人に影響を与える。人が善でないからといって見捨てることはできない。だから天子を立てて、三公が任命され、宝玉をもって馬車に先立って、膝をついて道に従うほうがよい。昔の人が道を貴んだ理由は何であろうか。道により、求めれば得ることができ、罪も免れることができる。だから世の中で貴いものとなる。

【恩始第六十三】無為むいし、無事ぶじこととし、無味むみあじわう。しょうだいとししょうとし、うらみにむくゆるにとくもってす。かたきをやすきにはかり、だいさいす。てんなんかならやすきよりおこり、てんだいかならさいよりおこる。ここもっ聖人せいじんついだいさず。ゆえだいす。軽諾けいだくかならしんすくなく、やすしとすることおおければかならかたきことおおし。ここもっ聖人せいじんすらこれかたしとす。ゆえついかたきことし。

【六十三】何も為さないことを為し、何事もないことを事とし、味がないものを味合う。小さいものを大きいものとし、少ないものを多いものとし、怨みには徳で応える。難しいものを易しいうちに行い、大きいものは小さいうちに行う。世の中の難しい事は易しい事から起こり、大きな事は小さな事より起こる。そのため聖人は大きな事は行わず、ゆえに大きな事を成す。簡単に引き受ければ信用はなくなり、易しい事が多ければ難しい事も多くなる。そのため聖人は難しい事として扱うから、ゆえに難しい事にはならい。

  • 怨みに報ゆるに徳をもってす[報怨以德]
    過去の怨み(個人的な思い)ではなく、徳(人為を超えた道)をもって人と接すること。限りなく変化する自然と自分を一体化させるよう説いています。
【守微第六十四】やすきはやすく、いまきざさざるははかやすし。もろきはやぶやすく、なるはさんやすし。これいまらざるにし、これいまみだれざるにおさむ。合抱ごうほうも、毫末ごうまつよりしょうじ、きゅうそうだいも、るいよりおこり、せんこうも、そっよりはじまる。ものこれやぶり、ものこれうしなう。ここもっ聖人せいじんは、すことし、ゆえやぶるることし。ることし、ゆえうしなうことし。たみことしたがうや、つねほとんどるにいてこれやぶる。おわりをつつしむことはじめのごとくすれば、すなわことやぶることし。ここもっ聖人せいじんほっせざるをほっし、がたきのたっとばず。まなばざるをまなび、しゅうじんぐるところかえす。もっ万物ばんぶつぜんたすけて、えてさず。

【六十四】安定していれば取り易く、兆しがなければ扱い易く、脆ければ破り易く、微かならば散り易い。まだ生じないうちに行い、まだ乱れないうちに治める。大木も小さな芽から生じ、九層の塔も盛り土から起こり、千里の道も一歩から始まる。何かを行えば壊してしまい、取ろうとすれば失ってしまう。そのため聖人は何も為さず、故に壊すことはなく、何も取らず、故に失うことがない。人々はほとんど成し遂げようとするときに失う。最初のように最後も慎重であれば、失敗することはない。そのため聖人は欲しないことを欲し、学ばないことを学び、人々が去ったところに戻る。万物の自然のままに任せて、あえて何も行わない。

【淳德第六十五】いにしえみちものは、もったみあきらかにするにあらず、まさもっこれおろかにせんとす。たみおさがたきは、おおきをもってなり。ゆえもっくにおさむるは、くにぞくなり。もっくにおさめざるは、くにふくなり。りょうしゃれば、楷式かいしきなり。つね楷式かいしきる、これ玄徳げんとくう。玄徳げんとくふかし、とおし、ものはんす。すなわたいじゅんいたる。

六十五】道を修めた昔の人は、人民を賢くしたのではなく、人民を愚かにしようとした。人民を治めるのが難しいのは、人民が知恵を持っているからである。そのため、知恵で国を治めれば国を損ない、知恵で国を治めれなければ、国は豊かになる。この二つは国を治めるときの原則である。この原則を知ることは徳の奥義と言われる。徳の奥義は深く、程遠く、無知に返る。そして、大いなる素直さに至る。

【後己第六十六】江海こうかいひゃっこくおうたる所以ゆえんものは、これくだるをもってなり。ゆえ百谷ひゃっこくおうたり。ここもっ聖人せいじんは、たみかみたらんとほっすれば、かならげんもっこれくだり、たみさきんぜんとほっすれば、かならもっこれおくる。ここもっ聖人せいじんは、かみるもたみおもしとせず、まえるもたみがいとせず。ここもってんすことをたのしみていとわず。あらそわざるをもってのゆえに、てんこれあらそうことし。

【六十六】大河や大海が全ての河川の王となるのは、それが低い位置にあるからである。だから、全ての河川の王となる。このため聖人は、人民の上に立とうとするなら、必ず言葉で謙り、人民の先に立とうとするなら、必ずその身を後にする。聖人は、上に立っても重くならず、前に立っても害にならない。そのため、人々は推すことを喜び嫌がらない。彼は誰とも争わないから、人々も彼と争うことがない。

【三寳第六十七】てんみなみちだいにしてしょうたりとう。だいなり、ゆえしょうたり。しょうなれば、ひさしいかな、さいなることや。われ三宝さんぼうり、してこれたもつ。いちいわいわけんさんいわえててんせんらず。なるゆえゆうなり。けんなるゆえひろし。えててんせんらず、ゆえちょうる。いまててまさゆうならんとし、けんててまさひろからんとし、ててまささきんぜんとすれば、せん。もったたかえばすなわち、もっまもればすなわかたし。てんまさこれすくわんとし、もっこれまもる。

六十七】天下の人々は、道は広大だが、愚かに見えると言う。それは、愚かだから大きく見えるのだ。愚かでなければ、小さく見えただろう。私には三つの宝があり、それを保持している。一つに慈愛、二つに倹約、三つに世の中の先頭に立たないことである。慈愛があるから勇敢であり、倹約だから布施ができる、人々の先頭に立たないから、世の中の長になれる。しかし、慈愛を棄てて勇敢になろうとし、倹約を棄てて布施をしようとし、後につくことを捨てて先頭に立とうとすれば、ただ死を迎える。慈愛をもって戦えば勝ち、慈愛をもって守れば堅く、天が救う人は、慈愛を持っている人である。

配天第六十八】たるものならず。たたかものいからず。てきものともにせず。ひともちうるものこれしたる。これそうとくい、これひとちからもちうとい、これてんはいすとう。いにしえきょくなり。

六十八】優れた武将は武力を誇らず、優れた戦士は怒りに任せず、敵に勝つ優れた者は敵とまとも戦わず、人々を上手く使う者は、彼らの下に立つ。これを争いを未然に防ぐ徳といい、人々の能力を使う徳といい、天の下を支配する徳という。昔からの真理である。

【玄用第六十九】へいもちうるにげんり、われえてしゅらずしてかくり、えてすんすすまずしてしゃく退しりぞく、と。これくにみちく、はらうにひじく、くにてきく、るにへいしとう。わざわいてきかろんずるよりだいなるはし。てきかろんずればほとんたからうしなう。ゆえへいげてあいくわうるに、かなしむものつ。

六十九】兵法には次のような言葉がある。私はあえて攻めず、守りに徹し、あえて進まず、むしろ退けと。これを陣列なき陣列を組み、武器なき武器を取り、兵なき兵を率いるという。敵を軽視するほど大きな災いはなく、敵を軽視すれば自分の持つ宝をほとんど失う。だから兵を掲げて敵と対峙するときは、悲哀のある者が勝つことになる。

【知難第七十】げんはなはやすく、はなはおこなやすきもてんく、おこなし。げんそうり、こときみり。し、ここもっわれらず。われものまれなれば、すなわわれたっとし。ここもっ聖人せいじんは、かつぎょくいだく。

私の言葉はとても分かり易く、行い易いが、世の中に分かる者はおらず、行える者もいない。言葉には意味があり、行為にも意味があるが、それを分かる者はおらず、私のことを分かる者はいない。私を分かる者は少ないため、私は貴い。そのため聖人は、粗末な着物を着ても宝玉を持っているのだ。

【知病第七十一】りてらずとするはじょうなり。らずしてるとするはへいなり。へいへいとす、ここもっへいならず。聖人せいじんへいならず、へいへいとするをもってなり。ここもっへいならず。

知っていても知らないとするのは最上で、知らないのに知っているとするのは難点である。難点を難点とすれば、これにより難点ではなくなる。聖人に難点がないのは、難点を難点とするからであり、これにより難点ではなくなる。

【愛己第七十二】たみおそれざれば、すなわたいいたらん。ところせばむることかれ、しょうずるところあっすることかれ。あっせず、ここもっいとわず。ここもっ聖人せいじんは、みずからをりてみずからをあらわさず、みずからをあいしてみずからをたっとばず。ゆえかれりてこれる。

人民が権威を畏れなくなると、それが脅威になる。人民の住む場所を狭めてはならず、人民の生業を圧迫してはならない。圧迫しなければ、人民は嫌がることはない。そのため聖人は、自分を知りながら自分を出さず、自分を大切にしながら自分を貴いとしない。だから自分を捨て去り、自分を保っている。

【任爲第七十三】えてするにゆうなればすなわころし、えてせざるにゆうなればすなわいかす。りょうしゃあるいはあるいはがいてんにくところたれゆえらん。ここもっ聖人せいじんすらこれかたしとす。てんみちあらそわずしてち、わずしておうじ、さずしておのずからきたり、繟然せんぜんとしてはかる。天網てんもう恢恢かいかいにしてうしなわず。

七十三】勇敢な者は殺されて、慎重な者は生き残る。この両者は利することもあれば、害になることもある。天が何を嫌うか、誰が知っているだろうか。そのため聖人でさえも、難しいとしている。天の道は、争わずしてよく勝ち、言わないのによく応え、招かれないのに自ら来て、広大なのによく施されている。天の法は広大で粗いが、取り逃がすことはない。

【制惑第七十四】たみおそれざれば、かんもっこれおそれしめん。たみをしてつねおそれしめて、しかしてものは、われとらえてこれころすをるも、たれえてせん。つねさつつかさどものりてころす。さつつかさどものかわりてころす、これだいしょうかわりてるとう。だいしょうかわりてものは、きずつけざるることまれなり。

七十四】人民が死を恐れなければ、どうして死罪で脅せるだろうか。人民が死を恐れるとして、怪しい者を捕えて殺すことができれば、誰が罪を犯すだろうか。いつでも死刑の執行者が殺すだろう。死刑の執行者の代わり殺すことは、職人に代わって原木を削るようなものだ。職人の代わりに原木を削る者で、自分の手を傷つけない者はほとんどいない。

【貪損第七十五】たみうるは、かみぜいむことのおおきをもってなり。ここもっう。たみおさがたきは、かみすことるをもってなり。ここもっおさがたし。たみかろんずるは、かみせいもとむることのあつきをもってなり。ここもっかろんず。せいもっすことものは、せいたっとぶよりまさる。

【七十五】人民が飢えるのは、上に立つ者が税を多く取るからだ。そのため飢える。人民を治められないのは、上に立つ者が余計なことを行うからだ。そのため治まらない。人民が死を軽んじるのは、上に立つ者が生きることに囚われるからだ。そのため死を軽んじる。生きることに囚われない者こそ、生きることを貴ぶ者より優れている。

【戒強第七十六】ひとくるや柔弱じゅうじゃくするやけんきょう万物ばんぶつ草木そうもくくるやじゅうぜいするやこうゆえけんきょうなり、柔弱じゅうじゃくせいなり。ここもっへいつよければすなわたず、つよければすなわきょうさる。きょうだいしもり、柔弱じゅうじゃくかみる。

【七十六】人は生きているときは柔らかく嫋(しな)やかだが、死むと堅くなる。草木など万物は生きているときは柔らかく脆いが、死ぬと枯れて堅くなる。だから堅いのは死であり、柔らかいのは生である。このため兵が堅ければ勝つことができず、木も堅ければ切られる。強く大きなものは下位で、柔らかく弱いものは上位になる。

【天道第七十七】てんみちゆみるがごときか。たかものこれおさえ、ひくものこれぐ。あまものこれへらし、らざるものこれおぎなう。てんみちあまるをそんしてらざるをおぎなう。ひとみちすなわしからず。らざるをそんしてもっあまるにほうず。たれあまるをもってんほうぜん。有道ゆうどうもののみ。ここもっ聖人せいじんは、してたのまず、こうりてらず、けんあらわすことをほっせず。

【七十七】天の道は弓を張るようなものだ。高いところは抑え、低いところは持ち上げる。余れば減らし、足らなければ補う。天の道も余れば減らし、足らなければ補う。人の道はそうではない。足らなければ減らし、余っている方に納める。誰が余っているもので世の中に納めるだろうか。ただ道を修めた者だけがそうする。そのため聖人は、成し遂げても見返りを求めず、功績を挙げてもそれに留まらず、自分の賢さを示そうとしない。

【任信第七十八】てんみずより柔弱じゅうじゃくなるはし。しかけんきょうむるものこれまさし。もっこれうるければなり。じゃくきょうち、じゅうごうつは、てんらざるきも、おこなし。ゆえ聖人せいじんう、くにあかくる、これしゃしょくしゅい、くにしょうくる、これてんおうう、と。正言せいげんはんごとし。

七十八】天下において、水よりも柔らかく嫋(しな)やかなものはない。しかも堅くて強いものを攻めるのに、水よりも強いものはない。他に水の代わりになるものはない。弱いものが強いものに勝ち、柔らかいものが堅いものに勝つのは、全ての者が知っているが、これを行える者はいない。だから聖人は、国の恥辱を引き受ける者が、国の主君であり、国の災いを引き受ける者が、天下の王と言う。正しい言葉は、常識に反しているように聞こえるものだ。

  • 柔よく剛を制す[柔之勝剛]
    この世で水ほど弱く柔らかいものはない。しかし、時により水ほど、堅くて強いものに対し威力を発揮するものはない。最も柔軟なものが、最も強固なものに打ち勝つことができると説きます。
【任契第七十九】大怨たいえんすればかならえんり。いずくんぞもっぜんけんや。ここもっ聖人せいじんけいりて、しかひとめず。とくるものはけいつかさどり、とくきものはてつつかさどる。天道てんどうしんく、つね善人ぜんにんくみす。

【七十九】世の中の怨みを解いても、必ず怨みは残る。どうして善いことといえようか。そのため聖人は権利をもっていても、人を責めることはない。徳のある者は権利を司り、徳のない者は徴収する。天の道は分け隔てなく、常に善人に味方する。

【獨立第八十】しょうこくみんじゅうはくるももちいざらしめ、たみをしておもんじてとおうつらざらしむ。しゅう輿りといえども、これところく、甲兵こうへいりといえども、これつらぬるところし。たみをしてなわむすびてこれもちい、しょくうましとし、ふくとし、きょやすんじ、ぞくたのしましむ。隣国りんごくあいのぞみ、鶏犬けいけんこえあいこゆるも、たみろういたるまで、あい往来おうらいせず。

八十】国は小さく、人口は少なく、便利な機器があっても使わないようにし、人は命を大切にし、遠くに移動しないようにする。舟にも車にも乗る必要がなく、武器も使い道がない。昔のように結んだ縄を貨幣とし、その食べ物を美味しいとし、その衣服を美しいとし、その住居に安住させ、その生活を楽しいとさせる。隣の国が見えるところにあり、鶏や犬の鳴き声が聞こえても、人々は老いて死ぬまで、お互いに行き来することはない。

  • 小国寡民(しょうこくかみん)
    国は小さく、人口は少ない。これが、老子の説く理想郷とされています。
【顯質第八十一】信言しんげんならず、げんしんならず。ぜんなるものべんぜず、べんずるものぜんならず。ものひろからず、ひろものらず。聖人せいじんまず、ことごともっひとためにしておのれ愈〻いよいよゆうし、ことごともっひとあたえておのれ愈〻いよいよおおし。てんみちは、してがいせず。聖人せいじんみちは、してあらそわず。

八十一】真実の言葉は美しくなく、美しい言葉は真実ではない。善人は雄弁ではなく、雄弁な者は善人ではない。知者は博識ではなく、博識な者は知者ではない。聖人は貯め込まず、何もかも人のために施しながら、自分は充実する。何もかも人に与えながら、自分はますます豊かになる。天の道は恵みを与えるだけで、何も損なうことはない。聖人の道は、何かを成し遂げても争うことはない。

 

老子を読む(上篇)
紀元前6世紀頃の中国の哲学者、老子道徳経、無為の治、小国寡民、大器晩成、和光同塵、柔よく剛を制す
宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、神道、東洋の思想
散策路TOP
古典物理、量子力学、物性論、数学、応用数学、力学、電磁気学、相対論、熱・統計力学、解析学、代数学、幾何学、統計分析、情報

 

タイトルとURLをコピーしました