孫子を読む(1/3)

/東洋の思想

第一 計篇

そんいわく、へいくにだいなり。せい存亡そんぼうみちさっせざるからざるなり。ゆえこれはかるに五事ごじもってし、これくらぶるにけいもってして、じょうもとむ。いちいわみちいわてんさんいわいわしょういわほうなり。

孫子は言った。戦は国家の重大事である。人民の生死と国家の存亡に関わるため、熟慮しなくてはならない。だから、戦については五つの事項について、計略を立て、状況を探らなくてはならない。五つの事項とは、一つに道、二つに天、三つに地、四つに将、五つに法である。

みちとはたみをしてかみおなじくせしむるなり。ゆえもっこれく、もっこれくして、あやうきをおそれざるなり。てんとは、陰陽いんよう寒暑かんしょせいなり。とは遠近えんきんけんこうきょうせいなり。しょうとは、しんじんゆうげんなり。ほうとは、きょくせい官道かんどう主用しゅようなり。およしゃしょうかざるはし。これものち、らざるものたず。

道とは、人民の心と為政者の心と一つにさせて、人民と指揮者が生死を共にすることで、危険を恐れなくなる。天とは、陰陽・季節・時間帯である。地とは、距離、道の険しさ、場所の広さ、死地か生地かということである。将とは、将軍の知恵・信頼・親愛・勇気・厳格さである。法とは、軍隊の法規・組織・用途である。この五つの事項は、将であれば知っていることであるが、これを良く知っている者は勝利し、知らない者は勝つことはできない。

ゆえこれくらぶるにけいもってして、じょうもとむ。いわく、しゅいずれか有道ゆうどうなる、しょういずれか有能ゆうのうなる、てんいずれかたる、法令ほうれいいずれかおこなわる、へいしゅういずれかつよき、そついずれかならいたる、しょうばついずれかあきらかなる、と。われこれもっしょうる。

だからこれらを比べるに計略を立て、状況を探らなくてはならない。どちらの君主が道を得ているのか、どちらの将軍が有能であるか、どちらの国が天の時と地の利を得ているか、どちらの法が厳格に執行されているか、どちらの軍隊が強いか、どちらの兵士がより訓練されているのか、どちらの賞罰が公正に行われているのかと。私はこれらをもって、戦の勝敗を知ることができる。

けいきてこれもちうれば、かならつ。これとどめん。けいかざればこれもちうるも、かならやぶる。これらん。けいとしてもっかるれば、すなわこれせいして、もっそとたすく。せいとはりてけんせいするなり。

将軍が私の計略を聴けば、彼を用いれば必ず勝つことができるため、留任されるだろう。将軍が私の計略を聴かなければ、彼を用いたとして必ず敗れるため、解任されるだろう。計略の有利さを理解し聴けば、勢いを形成して、外からの助けも得ることができる。勢いとは、有利な状況に基づいて、その場に適した臨機応変に対応することである。

へいどうなり。ゆえのうなるもこれのうしめし、ようなるもこれようしめし、ちかくともこれとおきをしめし、とおくともこれちかきをしめし、にしてこれさそい、らんにしてこれり、じつにしてこれそなえ、きょうにしてこれけ、にしてこれみだし、にしてこれおごらせ、いつにしてこれろうし、しんにしてこれはなす。無備むびめ、不意ふいづ。へいちにして、さきにはつたからざるなり。

戦とは、敵を欺くものである。だから、有能であっても無能に見せかけ、兵を用いても用いていないように見せかけ、近くにいても遠くに見せかけ、遠くにいても近くに見せかけ、利益を示して誘い込み、混乱に乗じて奪い取り、敵が充実していれば十分に備え、敵が強ければ避け、怒っていれば混乱させ、用心深ければ油断させ、安楽であれば疲弊させ、敵同士が協力していれば分裂させる。備えがない所を攻めて、相手の不意をついて攻撃する。これが兵家のいう勢であるが、戦の前に伝えることができない。

いまたたかわずしてびょうさんしてものは、さんることおおければなり。いまたたかわずしてびょうさんしてたざるものは、さんることすくなければなり。さんおおきはち、さんすくなきはたず。しかるをいわんやさんきにいてをや。われこれもっこれれば、しょうあらわる。

戦の前に勝利をできると確信できる者は、勝利の条件が多いからである。戦の前に勝てないと思う者は、勝利の条件が少ないからである。勝利の条件が多ければ勝てるし、少なければ勝てない。まして勝利の条件がなければ言うまでもない。私はこれら条件に基づいて戦を見ているので、勝負の結果が見えるのである。

第二 作戦篇

そんいわく、およへいもちうるのほうは、しゃ せん革車かくしゃせんじょう帯甲たいこうじゅうまんせんにしてりょうおくれば、すなわ内外ないがい賓客ひんかくよう膠漆こうしつざい車甲しゃこうほう千金せんきんついやす。しかのちじゅうまんがる。

孫子は言った。戦における原則は、戦車千台、輜重車千台、武装した兵士十万人で、千里の遠方に兵糧を運ぶ場合には、内外の経費、外交上の費用、膠(にかわ)・漆(うるし)の材料、戦車や鎧の準備など、一日に千金を費やして初めて十万人の軍を動かすことができる。

たたかいをもちうるや、つもひさしければ、すなわへいにぶらしえいくじく。しろむれば、すなわちからくっす。ひさしくさらせば、すなわ国用こくようらず。へいにぶらせえいくじき、ちからくっくさば、すなわ諸侯しょこうへいじょうじておこる。

戦が長引けば軍を疲弊させて鋭気を挫くことになり、さらに城攻め戦力も尽きてしまう。長い間軍を露営させれば、国の財政が窮乏してしまう。もし軍が疲弊し鋭気が挫かれ、兵力が尽きて財政が破綻すれば、敵国の諸侯はそれに乗じて攻め込んでくるだろう。

しゃりといえども、のちくするあたわず。ゆえへい拙速せっそくくも、いまこうひさしきをざるなり。へいひさしくしてくにあるものは、いまこれらざるなり。ゆえことごと用兵ようへいがいらざるものは、すなわことごと用兵ようへいをもあたわざるなり。

たとえ智者がいたとしても、国を立て直すことはできない。だから、戦に拙速ということはあっても、上手く長引かせるということはない。戦を長期化させて国の利益になったことは未だにない。だから、戦争の弊害を知らない者は、戦争の利益を知ることはない。

へいもちうるものは、えきふたたびはせきせず、りょうたびはさいせず。ようくにり、りょうてきる。ゆえぐんしょくきなり。くにひんなるは、とおおくればなり。とおおくれば、ひゃくせいまずし。ちかものばいす。ばいすれば、すなわひゃくせいざいく。ざいくれば、すなわきゅうえききゅうなり。ちからくっざい中原ちゅうげんき、うちいえむなし。ひゃくせいじゅうしちる。

用兵の上手い者は、徴兵は二も行わず、兵糧は三度も運ばず、軍用品は自国のものを使うが、兵糧は敵国のものに依る。だから兵糧は足りている。国が軍隊のために困窮するのは、兵糧を遠くまで運ぶからであり、兵糧を遠くまで送れば、民衆は貧しくなる。戦があれば物は高くなり、物が高くなれば民衆の蓄えは無くなる。蓄えが無くなれば、軍隊への供給が滞る。戦場の戦力は尽きて、家々は貧しくなる。民衆の金銭は十のうち七までが減らされる。

こうしゃ罷馬ひばかっちゅう矢弩しどげきじゅんへい丘牛きゅうぎゅう大車たいしゃじゅうろくる。ゆえしょうつとめててきむ。てきいっしょうむは、じっしょうあたり、mojikyo_font_031007(き)かんいっせきは、じっせきあたる。

貴族の金銭も、壊れた戦車や馬の交換、甲冑や弓矢、矛や盾、牛車などで、十のうち六まで失う。だから、智将はできるだけ敵の兵糧を奪って食べる。敵の一升の兵糧は、味方の二十升に当たり、敵の一石の馬糧は味方の二十石に当たる。

ゆえてきころものなり。てきものなり。ゆえ車戦しゃせんくるま十乗じゅうじょうじょうれば、さきたるものしょうし、しかしてせいあらため、くるままじえてこれらしめ、そつくしてこれやしなう。これてきちてきょうすとう。

ゆえに敵を殺すのは殺意であるが、敵の物資を奪うのは利益のためである。戦車を十台以上捕獲したときは、最初に捕獲した者に賞を与え、敵の旗印を取り換えたうえ、その戦車に乗せ、その者を優遇する。これが敵に勝って強さを増すという。

ゆえへいつことをたっとびて、ひさしきをたっとばず。ゆえへいるのしょうは、生民せいみんめいこっあんしゅなり。

したがって、戦は勝つことが重要で、長引くことはよくない。戦を知る将軍は、民衆の命と国の命運を握ることになる。

第三 謀攻篇 

そんいわく、およへいもちうるのほうは、くにまっとうするをじょうし、くにやぶるはこれぐ。ぐんまっとうするをじょうし、ぐんやぶるはこれぐ。りょまっとうするをじょうし、りょやぶるはこれぐ。そつまっとうするをじょうし、そつやぶるはこれぐ。まっとうするをじょうし、やぶるはこれぐ。ゆえひゃくせん百勝ひゃくしょうは、ぜんぜんなるものあらざるなり。たたかわずしてひとへいくっするは、ぜんぜんなるものなり。

孫子は言った。戦の原則は、自国に損失を出さないが上策であり、敵の国を打ち破ることはその次策である。自軍に損失を出さないことが上策であり、敵の軍を破ることはその次策である。そのため、百戦百勝というのは最上ではなく、戦わずに敵兵を屈服させることが最上である。

ゆえ上兵じょうへいぼうつ。つぎこうつ。つぎへいつ。しろむ。しろむるのほうは、むをざるがためなり。轒轀ふんうんおさめ、かいそなうること、三月さんげつしてのちる。距闉きょいんまた三月さんげつにしてのちむ。しょう忿いきどおりにえずして、これ蟻附ぎふせしめ、ころすこと三分さんぶんいちにして、しろけざるは、こうわざわいなり。

だから最上の戦は敵の謀略を破ること、その次は敵の同盟関係を破ること、その次は敵の軍を討つこと、最悪は城を攻めることである。城攻めは、やむを得ないときだけに行うべきである。城攻めのための器械を準備するには三ヶ月も掛かり、土塁を作るにはさらに三ヶ月掛かる。将軍が怒りを我慢できずに攻撃を始めると、全軍の三分の一の犠牲を払っても、城を落とせない事態になる。これが城を攻めることの害である。

ゆえへいもちうるものは、ひとへいくっするも、たたかうにあらざるなり。ひとしろくも、むるにあらざるなり。ひとくにやぶるも、ひさしきにあらざるなり。かならまったきをもってんあらそう。ゆえへいつかれずして、まっとうすし。謀攻ぼうこうほうなり。

だから優れた将軍は、敵兵を屈服させてもそれと戦闘したのではなく、敵の城を落としても城を攻めたのではなく、敵国を滅ぼしても長期戦によるものではない。いつも自国を万全な状態にして天下の覇権を争う。だから、軍は疲弊することがなく、戦果を得ることができる。これが謀略で攻めることの原則である。

ゆえへいもちうるのほうは、じゅうなればすなわこれかこみ、なればすなわこれめ、ばいなればすなわこれかち、てきすればすなわこれたたかい、すくなければすなわこれのがれ、かざればすなわこれく。ゆえしょうてきけんは、大敵たいてきとりこなり。

だから戦の原則は、自軍が敵軍の十倍であれば包囲し、五倍であれば攻撃し、二倍であれば敵を分断させ、同等であれば奮戦し、自軍が少なければ退却し、兵力が及ばなければ隠れるべきである。つまり、少数の軍なのに強気であれば、大軍の捕虜になるだけである。

しょうくになり。しゅうなればすなわくにかならつよし。げきあればすなわくにかならよわし。ゆえきみぐんうれうる所以ゆえんものにはさんあり。ぐんもっすすからざるをらずして、これすすめとい、ぐんもっ退しりぞからざるをらずして、これ退しりぞけとう。これぐんすとう。三軍さんぐんことらずして、三軍さんぐんせいおなじくすれば、すなわぐんまどう。三軍さんぐんけんらずして三軍さんぐんにんおなじくすれば、すなわぐんうたがう。三軍さんぐんすでまどうたがわば、すなわ諸侯しょこうなんいたる。これぐんみだしてかちくとう。

将軍は国の補佐である。将軍と君主の関係が良ければ国は強くなり、隙間があれば国は弱くなる。君主が軍事について心配しなければならないのは三つである。進軍してはいけないときに進軍を命令し、退却してはいけないときに退却を命令すると、軍の邪魔になる。軍事を知らないのに軍事の行政を行うと、兵士を迷わせる。軍の戦術が分からないのに軍の指揮をとると、兵士は疑いをもつ。軍が迷って疑いをもてば、敵は攻め込んできて、勝利も遠ざかる。

ゆえかちるにり。もったたかきと、もったたかからざるとをものつ。しゅうようものつ。しょうよくおなじくするものつ。もっ不虞ふぐものつ。しょうのうにしてきみぎょせざるものつ。こくしゃかちるのみちなり。ゆえいわく、かれおのれれば、ひゃくせんあやうからず。かれらずしておのれれば、いっしょういっす。かれらずおのれらざれば、たたかごとかならあやうし。

勝利を知るためには五つある。戦うときと、戦ってはいけないときを弁えれば勝ち、大軍と少数の軍の用い方を知っていれば勝ち、上と下が心を合わせていれば勝ち、よく準備をしていればそうでない敵に勝ち、将軍が有能で君主が干渉しなければ勝つ。この五つのことが勝利ための方法である。従って、敵を知り自軍を知れば百戦しても負けることはなく、敵を知らないで自軍を知れば勝ったり負けたりし、敵を知らず自軍も知らなければ戦うたびに危険な目に会う。

第四 形篇

そんいわく、むかしたたかものは、からざるをして、もってききをつ。からざるはおのれるも、きはてきり。ゆえたたかものは、からざるをすも、てきをしてからしむることあたわず。ゆえいわく、かちくして、からず、と。

孫子は言った。昔の戦の巧みな者は、まず誰も勝つことができない形勢に整え、誰もが勝てるような形勢になるのを待った。誰も勝つことができない形勢とは自軍のことで、誰でも勝つことができる形勢とは敵軍のことである。だから、戦が巧みな者でも、自軍を誰も勝つことができないようにできても、敵軍を誰でも勝つことができるようにはできなかった。勝てると思っても、必ず成し遂げられる訳ではなかったのである。

からざるはまもるなり。きはむるなり。まもるはすなわらざればなり、むるはすなわあまればなり。まもものは、きゅうしたかくれ、むるものきゅうてんうえうごく。ゆえみずかたもちてかちまっとうするなり。

誰も勝てない形勢とは守備のことであり、誰でも勝てる形勢とは攻撃のことである。守備をするのは兵力が不足しているからで、攻撃するのは兵力に余裕があるからである。守備の巧みな者は地の奥に隠れ、攻撃の巧みな者は天の上から攻めてくる。だから、自軍を保ちながら、勝利を得ることができる。

かちること衆人しゅうじんところぎざるは、ぜんぜんなるものあらざるなり。たたかちててんしとうも、ぜんぜんなるものあらざるなり。ゆえしゅうごうぐるはりょくさず。日月じつげつるは明目めいもくさず。雷霆らいていくはそうさず。いにしえ所謂いわゆるたたかものは、やすきにものなり。

勝利を読み取るのに一般の人にも分かるようでは、最上に優れた者とは言えない。戦に勝って天下の人々が誉める程度では、最上に優れた者とは言えない。羽毛を持ち上げても力持ちではなく、太陽や月が見えても目が良くはなく、雷が聞こえても耳が良いわけでない。昔の戦の巧みな者は、勝ち易い戦を勝った者である。

ゆえたたかものつや、めいく、勇功ゆうこうし。ゆえたたかちてたがわず。たがわざるものは、ところかならつ。すでやぶるるものてばなり。ゆえたたかものは、はいちて、てきはいうしなわざるなり。ゆえしょうへいちて、しかのちたたかいをもとめ、敗兵はいへいたたかいて、しかのちちをもとむ。

だから戦が巧みな者が勝った場合は、智謀が優れているとも、武勇が優れているとも言われない。彼が戦をすれば必ず勝ち、必ず勝つということは、すでに負けている敵に勝つからである。戦の巧みな者は、負けない状態を作って、敵が負ける状態を逃さない。勝つ軍はまず勝利を得てから戦を求めるが、負ける軍は戦を始めてから勝利を求める。

へいもちうるものは、みちおさめてほうたもつ。ゆえしょうはいまつりごとす。兵法へいほうは、いちいわく、たくいわく、りょうさんいわく、すういわく、しょういわく、しょうたくしょうじ、たくりょうしょうじ、りょうすうしょうじ、すうしょうしょうじ、しょうしょうしょうず。ゆえ勝兵しょうへいいつもっしゅはかるがごとく、敗兵はいへいしゅもっいつはかるがごとし。しょうしゃたみたたかわしむるや、積水せきすい千仞せんじん谿たにけっするがごときは、かたちなり。

戦の巧みな者は、政を行い法を守る。だから勝敗を決することができる。兵法では、1つに物を測り、2つに量を量り、3つに数を数え、4つに比べ、5つに勝敗を考えることである。戦場を測り、それにより投入する物量が決まり、そして兵数が決まり、敵と味方の兵力を比べ、勝敗が決まる。勝つ軍は常に優勢であるが、負ける軍は常に劣勢である。勝つ軍の兵を戦わせるのは、水を谷底に流し込むようなものである。

第五 勢篇 

そんいわく、およしゅうおさむることおさむるがごとくなるは、分数ぶんすうれなり。しゅうたたかわしむることたたかわしむるがごとくなるは、形名けいめいれなり。三軍さんぐんしゅうかならてきけてはいからしむるきは、せいれなり。へいくわうるところもったまごとうずるがごとくなるは、虚実きょじつれなり。

孫子は言った。大勢の軍を統制していても、少数の軍を統制しているように上手くいくのは、軍の編成のおかげである。大勢の兵士を戦闘させていても、少数の兵士を戦闘させているように上手くいくのは、指揮力のおかげである。大軍が敵に上手く対応して負けることがないのは、正攻法と奇策を使い分けているからである。戦を行えば、まるで石を卵にぶつけるように簡単に撃破できるのは、実をもって虚を突くからである。

およたたかいは、せいもっがっし、もっつ。ゆえいだものは、きわまりきことてんごとく、きざることこうごとし。わりてはじまるは、日月じつげつれなり。してしょうずるは、しいれなり。

戦とは、正攻法をもって敵と向き合い、奇策をもって勝つのである。故に、奇策を上手く使う者の軍は、天地のように定まることなく、大河のように尽きることがない。終わってもまた始まるのは日夜のようであり、死んでもまた生まれるのは四季のようである。

こえぎざるも、せいへんげてからざるなり。いろぎざるも、しょくへんげてからざるなり。あじぎざるも、五味ごみへんげてからざるなり。戦勢せんせいせいぎざるも、せいへんげてきわからざるなり。せいあいしょうずることは、じゅんかんはしきがごとし。たれこれきわめんや。

音には五つの音階しかないが、その組み合わせは多様で聞き分けることはできない。色には五つの種類しかないが、その組み合わせは多様で見分けることはできない。味には五つの種類しかないが、その組み合わせは多様で味わい尽くすことはできない。戦法には正攻法と奇策しかないが、その組み合わせは無数で窮めることはできない。正攻法と奇策が相生じることは、循環して終わりがないようなものである。誰がこれを窮めることができようか。

激水げきすいはやくして、いしただよわすにいたものは、せいなり。ちょうはやくして、せついたものは、せつなり。ゆえたたかものは、せいけんにして、せつたんなり。せいくがごとく、せつはっするがごとし。

激しい水の流れが、石を押し流していくのが勢いである。猛禽が獲物を打ち砕いてしまうのが節目である。戦が巧みな者は、その勢いは激しく、その節目は短くなる。勢いは弓を引くときようであり、節目は引き金を引くときのようである。

紛紛ふんぷん紜紜うんうんとして、たたかみだれてみだからず。渾渾こんこん沌沌とんとんとして、かたちまるくしてやぶからず。らんしょうじ、きょうゆうしょうじ、じゃくきょうしょうず。らんすうなり。ゆうきょうせいなり。彊弱きょうじゃくかたちなり。ゆえてきうごかすものは、これかたちすればてきかならこれしたがい、これあたうれば、てきかならこれる。もっこれうごかし、そつもっこれつ。

両軍が激しい乱戦に突入しても、軍の秩序が乱されることがなく、延々と混戦が続いても、軍の陣が崩れることはない。混乱は秩序の中から生じ、臆病は勇敢さの中から生じ、柔弱さは剛強さの中から生まれる。秩序か混乱かは軍の編成で決まり、勇敢か臆病かは軍の勢いで決まり、剛強か柔弱かは軍の態勢によって決まる。敵を上手く動かす者は、策を示せば敵は乗せられ、物を出せば敵は取りに来る。敵に利益を示して誘い出し、裏を突いてそれを待つ。

ゆえたたかものは、これせいもとめて、ひともとめず。ゆえひとえらびてせいにんず。せいにんずるものは、ひとたたかわしむるや、木石ぼくせきてんずるがごとし。木石ぼくせきせいは、あんなればすなわせいに、なればすなわうごき、ほうなればすなわとどまり、えんなればすなわく。ゆえひとたたかわしむるのいきおい、円石えんせき千仞せんじんやまてんずるがごときは、せいなり。

戦の巧みな者は、戦の勝利を勢いに求めて、兵士を責めることがない。だから、兵士を選んだ後は、勢いに任せる。そのような指揮官が兵士を戦わせる様は、木や石を転がすようなものである。木や石の性質は、地面が安定していれば静かであるが、不安定であれば動き、形が四角であれば止まり、丸ければ転がっていく。戦が巧みな者が兵士を戦わせると、丸い石を高い山から転がり落とすような勢いとなる。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、神道、東洋の思想
散策路TOP
古典物理、量子力学、物性論、数学、応用数学、力学、電磁気学、相対論、熱・統計力学、解析学、代数学、幾何学、統計分析、情報

 

タイトルとURLをコピーしました