自我偈を読む

/仏典

自我偈とは

自我偈(じがげ)とは、妙法蓮華経(法華経)の第16章に当る「如来寿量品」の偈(げ)の部分を指します。偈の冒頭が「自我得仏来」で始まるため、「自我偈」と呼ばれています。

釈迦は人として誕生し、悟りを開き仏陀(仏)となり、入滅しましたが、本来は永遠の昔から悟りを開いており、この仏の命は永遠であると説かれています。

自我偈を読む

自我得仏来じがとくぶつらい所経諸劫数しょきょうしゅこうしゅ無量百千万むりょうひゃくせんまん億載阿僧祇おくさいあそうぎ

私が仏になってから経過した期間は、計り知れない百千万億という長い時間です。

常説法教化じょうせつぽうきょうけ無数億衆生むしゅおくしゅうじょう令入於仏道りょうにゅうおぶつどう爾来無量劫にらいむりょうこう

常に法を説いて、数限りない衆生を教化し、仏の道に導き、長い時間が経過しました。

為度衆生故いどしゅうじょうこ方便現涅槃ほうべんげんねはん而実不滅度にじつふめつど常住此説法じょうじゅうしせっぽう

衆生を救うために、入滅という手段をとりましたが、実際に入滅したのではなく、常にこの世にいて法を説いています。

我常住於此がじょうじゅうおし以諸神通力いしょじんつうりき令顛倒衆生りょうてんとうしゅうじょう雖近而不見すいごんにふけん

私は常にこの世にいますが、神通力によって、迷っている衆生には、近くにいても見えないでいます。

衆見我滅度しゅうけんがめつど広供養舎利こうくようしゃり咸皆懐恋慕げんかいえれんぼ而生渇仰心にしょうかつごうしん

衆生は私の入滅を見て、私の遺骨を供養し、皆私を懐かしく慕い、渇望し仰ぐ心を起こしました。

衆生既信伏しゅうじょうきしんぶく質直意柔軟しつじきいにゅうなん一心欲見仏いっしんよくけんぶつ不自惜身命ふじしゃくしんみょう時我及衆僧じがぎゅうしゅうそう倶出霊鷲山ぐしゅつりょうしゅうぜん

衆生が信仰心を起こし、素直で柔軟さをもち、一心に仏を見ることを欲し、自らの身命も惜しまないなら、その時私とは弟子たちは、霊鷲山に姿を現します。

我時語衆生がじごしゅうじょう常在此不滅じょうざいしふめつ以方便力故いほうべんりきこ現有滅不滅げんゆうめつふめつ

その時私は衆生に語ります、私は常にこの世にあり入滅することはない、人々を導く手段として、入滅してみせたのです。

余国有衆生よこくゆうしゅうじょう恭敬信楽者くぎょうしんぎょうしゃ我復於彼中がぶくおひちゅう為説無上法いせつむじょうほう

他の国土の衆生も、私を信じ敬うならば、その人々のためにも、は最高の法を説くでしょう。

汝等不聞此にょとうふもんし但謂我滅度たんにがめつど我見諸衆生がけんしょしゅうじょう沒在於苦海もつざいおくかい

あなた達はこれを聞かないで、私が入滅したと思い、私が衆生を見るところ、苦悩の中に没してしまっている。

故不為現身こふいげんしん令其生渇仰りょうごしょうかつごう因其心恋慕いんごしんれんぼ乃出為説法ないしゅついせっぽう

そのため姿を現わさず、渇望する心を起こさせました、今私を恋い慕う心が起こったので、こうして姿を現し法を説くのです。

神通力如是じんつうりきにょぜ於阿僧祇劫おあそうぎこう常在霊鷲山じょうざいりょうしゅうぜん及余諸住処ぎゅうよしょじゅうしょ

私の神通力はこの通りであり、計り知れない長い間、常にこの霊鷲山や、あらゆる処にいます。

衆生見劫尽しゅうじょうけんこうじん大火所焼時だいかしょしょうじ我此土安隠がしどあんのん天人常充満てんにんじょうじゅうまん

衆生がこの世が終わりを迎え、大火で焼かれる時も、私の国土は安穏で、常に天の神々や人々で満ちています。

園林諸堂閣おんりんしょどうかく種種宝荘厳しゅじゅほうしょうごん宝樹多花菓ほうじゅたけか衆生所遊楽しゅじょうしょゆうらく

花園や様々な宮殿は、種々な宝石で飾られ、木々には多くの花や実がなり、衆生が楽しむ場所となっている。

諸天撃天鼓しょてんぎゃくてんく常作衆伎楽じょうさしゅうぎがく雨曼陀羅花うまんだらけ散仏及大衆さんぶつぎゅうたいしゅう

天の神々は鼓を打ち、常に多くの音楽を奏でて、曼荼羅の花を雨のように、仏や衆生の上に散らしています。

我浄土不毀がじょうどふき而衆見焼尽にしゅうけんしょうじん憂怖諸苦悩うふしょくのう如是悉充満にょぜしつじゅうまん

私の浄土は不滅であるのに、衆生はこの国土が焼き尽くされて、憂いや恐怖や様々な苦悩が、満ち溢れていると見ている。

是諸罪衆生ぜしょざいしゅうじょう以悪業因縁いあくごういんねん過阿僧祇劫かあそうぎこう不聞三宝名ふもんさんぽうみょう

罪を重ねてきた衆生は、悪行の報いとして、どんな長い時間が過ぎても、仏の三宝の名を聞くことはない。

諸有修功徳しょうしゅうくどく柔和質直者にゅうわしつじきしゃ則皆見我身そくかいけんがしん在此而説法ざいしにせっぽう

様々な功徳をなし、柔和で素直な者は、皆私の姿を見ることができ、私の法を聞くことができます。

或時為此衆わくじいししゅう説仏寿無量せつぶつじゅむりょう久乃見仏者くないけんぶつしゃ為説仏難値いせつぶつなんち

この衆生のために、仏の寿命は永遠であると説き、久しく仏の姿を見た者には、仏を見るのは難しいと説きます。

我智力如是がちりきにょぜ恵光照無量えこうしょうむりょう寿命無数劫じゅみょうむしゅこう久修業所得くしゅうごうしょとく

私の智恵の力はこのように、その光は無限に照らし、寿命が永遠なのは、長い間の修行により得たものです。

汝等有智者にょとううちしゃ勿於此生疑もつとししょうぎ当断令永尽とうだんりょうようじん仏語実不虚ぶつごじつふこ

あなた達智恵のある者は、これを疑ってはならない、疑う心を永遠に断つこと、仏の言葉は偽りなく真実である。

如医善方便にょいぜんほうべん為治狂子故いじおうしこ実在而言死じつざいにごんし無能説虚妄むのうせつこもう

例えば医者が手段として、迷っている子供たちを治すため、生きているのに死んだと言っても、それと嘘だと言わないように、

我亦為世父がやくいせぶ救諸苦患者ぐしゅくげんしゃ為凡夫顛倒いぼんぷてんどう実在而言滅じつざいにごんめつ

私もこの世の父として、あらゆる苦しみを救おうとしています。人々は迷っているので、あえて入滅したと言っているのです。

以常見我故いじょうけんがこ而生憍恣心にしょうきょうししん放逸著五欲ほういつじゃくごよく墮於悪道中だおあくどうちゅう

私が常に姿を現わしていると、恣(ほしいまま)に驕る心を起こし、欲望に捕われて、悪道に堕ちてしまいます。

我常知衆生がじょうちしゅうじょう行道不行道ぎょうどうふぎょうどう随応所可度ずいおしょかど為説種種法いせつしゅじゅほう

私は常に衆生が、正しい道を歩んでいるかどうか、救う方法を見極めながら、種々の法を説いています。

毎自作是意まいじさぜねん以何令衆生いかりょうしゅうじょう得入無上道とくにゅうむじょうどう速成就仏身そくじょうじゅぶっしん

常にこのように念じている、どのようにして衆生が、最高の悟りを得て、速やかに仏として成就できるであろうと。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました