禅宗とは

/宗派

概要

禅宗は、修行の中心を坐禅に置く宗派で、6世紀の中国で成立しました。日本へは13世紀に伝わり、曹洞宗・臨済宗・黄檗宗は日本十三宗の1つとなっています。

  • 時代:6世紀~
  • 宗祖:達磨
  • 所依:般若経、法華経、等

釈迦から数えて二十八祖の菩提達磨(ボーディダルマ)が中国に渡り、中国禅の始祖となりました。達磨については、嵩山少林寺での面壁九年などの逸話が残っています。禅宗として確立したのは、五祖弘忍(7世紀)以降であるとされています。

法系

達磨から六祖までの法系は以下になります。

菩提達磨(始祖)-慧可(二祖)-僧璨-道信-弘忍(五祖)-大鑑慧能(六祖)

五祖弘忍には、神秀と慧能という優れた2人の弟子がいました。神秀は修行を通じて徐々に悟得する「漸悟」を規範としたのに対して、慧能は一足飛びに悟得する「頓悟」を主張しました。彼らの一派は北宗と南宗として分裂しますが、最終的には慧能が六祖に定まりました。

代表的な五家七宗は全て慧能の一門から輩出されています。五家とは、曹洞宗・雲門宗・法眼宗・臨済宗・潙仰宗の5つです。

曹洞宗:慧能-青原-石頭-薬山-雲巌-洞山良价(曹洞宗開祖)
雲門宗:慧能-青原-石頭-天皇-龍潭-徳山-雪峰-雲門文偃(雲門宗開祖)
法眼宗:慧能-青原-石頭-天皇-龍潭-徳山-雪峰-玄沙-桂琛-清涼文益(法眼宗開祖)
臨済宗:慧能-南嶽-馬祖-百丈-黄檗-臨済義玄(臨済宗開祖)
潙仰宗:慧能-南嶽-馬祖-百丈-潙山-仰山慧寂(潙山と共に潙仰宗開祖)

尚、五家に臨済宗から分かれた楊岐派と黄龍派を加えて、七宗と呼ばれています。

楊岐派:臨済-興化-南院-風穴-首山-汾陽-石霜-楊岐方会(楊岐派)
黄龍派:臨済-興化-南院-風穴-首山-汾陽-石霜-黄龍慧南(黄龍派)

日本の禅宗は、曹洞宗・臨済宗・黄檗宗の3つで、いずれも日本十三宗に数えられています。

曹洞宗:洞山-(11代)-天童如浄-道元(日本曹洞宗開祖)
臨済宗:黄龍-(6代)-虚庵懐敞-明菴栄西(千光派・建仁寺派)
臨済宗:楊岐-(8代)-虚堂智愚-南浦紹明(大応派)
黄檗宗:黄檗-・・・-隠元隆琦(日本黄檗宗開祖)

教義

四聖句

達磨の四聖句では、言語的・論理的な理解を否定し、坐禅を中心とした修行を通じ、無分別の智慧に到達することの重要性を説いています。

  • 不立文字(ふりゅうもんじ)
    悟りは文字や言葉では伝えることができないという意味
  • 教外別伝(きょうげべつでん)
    悟りは心から心へと直に伝えられるものだという意味
  • 直指人心(じきしにんしん)
    本来もっている自分の本性(仏性)を体得せよという意味
  • 見性成仏(けんしょうじょうぶつ)
    本来もっている自分の本性(仏性)になりきるという意味

二入四行論

「二入」とは、修行の始め方の分け方です。

  • 理入(りにゅう):知識の習得から入る方法
  • 行入(ぎょうにゅう):実践から入る方法

更に「行入」には、4つの実践段階があると説きます。

  • 報冤行(ほうおんぎょう)
    実践の第一段階。煩悩を捉われず、人間としての根本問題に返ること。
  • 随縁行(ずいえんぎょう)
    実践の第二段階。自らの周囲にある縁に従って行ずること。
  • 無所求行(むしょぐぎょう)
    実践の第三段階。煩悩捨て去り、無心になって行ずること。
  • 称法行(しょうぼうぎょう)
    実践の第四段階。道理と合致して、自ら法と一体となって行ずること。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、神道、東洋の思想
散策路TOP
古典物理、量子力学、物性論、数学、応用数学、力学、電磁気学、相対論、熱・統計力学、解析学、代数学、幾何学、統計分析、情報

Wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました