十種大祓を読む

/神道

十種大祓とは

十種大祓(とくさのおほはらへ)は、天の神の命を受けた饒速日命(にぎはやひのみこと)が、十種(とくさ)の神宝を授けられ、人々を治めるため地上に降臨する場面が描かれています。

この十種の神宝を大切に祀(まつ)れば、その霊力により、人々の病は治り、死人も蘇(よみがえ)ることができると伝えられています。

十種大祓を読む

高天原たかまがはら神留坐かんづまります、皇神等すめかんたち顕給あらはしたまふ、十種瑞津とくさみつたからって、天照国あまてるくに照彦てるひこ天火あめのほ明櫛玉あかりくしたま饒速日命にぎはやひのみことに、授給事さづけたまふことおしへてのたまはく

高天原にいらっしゃる皇神たちが作られた十種の神宝を、饒速日命(にぎはやひのみこと)に授けて言われることには、

いまし此瑞津寶このみづのたからて、中津國なかつくに天降あまくだり、蒼生あをひとぐさ鎮納しずめおさめよ、蒼生あをひとぐさおよび萬物よろづもの病疾事やまひのこと阿羅婆あらば

あなたはこの神宝をもって地上界に降り立ち、人々を治めよ。人々が病を患うことがあれば、

神寶かんたからて、御倉板みくらいた鎮置しづめおきて、魂魄鎮祭みたましづめまつりなして、瑞津寶みつのたから布留部其ふるべその、神祝かんほぎことばいわく

神宝を御倉棚(みくらいた)に安置して、鎮魂の祭を行い、祝詞として、

きのへきのとひのへひのとつちのへつちのとかのへかのとみづのへみづのと一二三四五六七八九十ひふみよいむなやこと瓊音にのおと

十種の神宝を、一二三四五六七八九十と唱えながら、

布瑠部ふるへ由良由良ゆらゆら如此祈所為婆かくいのりせば死共まかるともさら蘇生いきなんと誨給をしへたまふ、天神あめのかみ御祖御詔みおやみことのり稟給かけたまひて、天磐船あめのいはふねりて

ゆっくりと揺らして祈れば、死人も蘇るだろう。皇神たちの教えの通りに天磐船(あまのいわふね)に乗って、

河内國かはちのくに河上かはかみ哮峯いかるがみね天降座あまくだりましましして、大和國やまとのくに排尾ひきやまふもと白庭しろには高庭たかには遷座うつしましまして、鎮斎いつきまつたまふ、なづけ石上大神いそのかみおほがみもうたてまつり

河内国の河上の哮峯(いかるがみね)に降り立ちました。そして、大和国排尾(ひき)の山の麓の高庭に神宝を遷(うつ)して、その祭祀を行い、石上大神(いそのかみじんぐう)と名付けた。

代代神寶よよかんたからもちて、萬物よろづものため布留部ふるへ神辞かんこともつつかさ為給なしたま

代々、神宝を人々のために布留部(ふるへ)の神辞(かんこと)をもって司(つかさど)りました。

ゆえ布留御魂神ふるみたまのかみ尊敬そんけいたてまつりり、皇子すめみこと大連おほむらじ大臣おとど其神武そのかんたけきもつて、いつき仕奉つかへまつたまふ、物部もののべ神社かみやしろ

そのため、布留(ふる)の神と尊び奉り、皇子などが身を清めて奉る物部神社、

天下あめがした萬物よろずものの聚類化たぐひなりいでむ、大元おほもと神宝かんたから所謂いわゆる

この世のあらゆるものをもって、この神宝というのはいわゆる、

瀛都鏡おきつかがみ辺都鏡へつかがみ八握剣やつかのつるぎ生玉いくたま死反玉まかるがへしのたま足玉たるたま道反玉みちかへしのたま蛇比礼おろちのひれ蜂比礼はちのひれ品品物比礼くさぐさもののひれさら十種神とくさのかみ

瀛津鏡(おきつかがみ)、辺津鏡(へつかがみ)、八握剣(やつかのかがみ)、生玉(いくたま)、死反玉(まかるがへしのたま)、足玉(たるたま)、道反玉(みちかへしのたま)、蛇比礼(おろちのひれ)、蜂比礼(はちのひれ)、品品物比礼(くさぐさもののひれ)であり、

きのへきのとひのへひのとつちのへつちのとかのへかのとみづのへみづのと一二三四五六七八九十ひふみよいむなやこと瓊音にのおと

十種の神宝を、一二三四五六七八九十と唱えながら、

布留部由良ふるべゆら由良加之ゆらかしたてまつこと由縁よしもちて、たいらけく所聞食きこしめせ

布留(ふる)の神と尊んで奉ることの由緒をもって、平安にお聞きになり、

命長遠いのちながく子孫繁栄しそんはんえいと、常磐ときは堅磐かきは護給まもりたまさきはひたまい、加持奉かじたてまつる、神通じんつう神妙じんめう神力しんりき加持かじ

長寿と子孫の繁栄と、永きにわたる堅固な守護を与え頂くよう祈祷します。神通神妙神力加持。

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました