龍神祝詞を読む

/神道

龍神祝詞とは

龍神祝詞(りゅうじんのりと)は、神社本庁が作成・管理している正式な祝詞ではありませんが、龍神が祀られている神社などで、唱えると良いと考えられている祝詞です。龍神祝詞を唱えることで、人間の体に付いている罪や穢れを払うなどの効用があるとされています。

尚、十種の御寶(とくさのみたから)とは、「先代旧事本紀」に登場する10種類の宝物で、邇芸速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとされています。

龍神祝詞を読む

高天原たかまがはらして、てん御働みはたらきをあらわたま龍王りゅうおうは、大宇宙根元だいうちゅうこんげん御祖みおや御使みつかいにして、一切いっさい一切いっさいそだて、萬物ばんぶつ御支配ごしはいあらせたま王神おうじんなれば

高天原に鎮座し、天と地に姿を現す龍王は、宇宙の創造主の使いであり、あらゆるものを産み、あらゆるものを育て、万物を支配する王神であり

一二三四五六七八九十ひふみよいむなやこと十種とくさ御寶みたからを、おのがすがたとへんたまいて、自在自由じざいじゆう天界地界人界てんかいちかいじんかいおさたまう、龍王神りゅうおうじんなるをとうとうやまいて

「十種の御寶」に姿を変え、自由自在に天上の世界、地上の世界、人間の世界を治める龍王神を敬い

まこと六根むね一筋ひとすじに、御仕みつかもうすことのよし受引うけひたまいて

六根(眼、耳、鼻、舌、身、意の6つの感官能力)をもって一筋にお仕えします

おろかなるこころ數々かずかずいましたまいて、一切衆生いっさいしゅじょう罪穢つみけがれころもさららしめたまいて、萬物よろずのもの病災やまいわざわいをも立所たちどころはらきよやま

愚かな心を戒め、全ての衆生の罪穢れを祓い、あらゆるものの病や災いを祓い清め、

萬世界よろずせかい御祖みやまのもとにおさめせしめたまへと、祈願奉こいねがいたてまつることのよしきこ

全ての世界をお治めくださいますようお願い申し上げます

六根むねうちねんもうす、大願だいがん成就じょうじゅさしめたまへと、かしかしもう

六根をもって念じます、大きな願いが成就するよう、恐れ多くも申し上げます

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました