観音経秘鍵を読む

/仏典

観音経秘鍵を読む

世尊妙意観世音せそんみょういかんぜおん金銀座寶之蓮華者こんごんざほうのれんげは歴劫不思議之波立りゃくこうふしぎのなみをたて心得之深顕しんとくのふかきをあらわす

世尊曰く、観音菩薩は金銀の蓮の座にあり、どれ程時間をかけても人間の知恵は及ばず、悟りの深さを顕わしている

弘誓深如海之船者ぐぜいしんにょかいのふねは此来不傾ここにきたりてかたむかず還著於本人之剣以げんじゃくおほんにんのけんをもって呪詛諸毒薬之病滅じゅそしょどくやくのやまいをめっす

広大な誓願は海の如く深く、此処に至って傾くこともなく、自分に還ってきた剣により、呪いやあらゆる毒を滅することができる

念彼観音之力於合ねんぴかんのんのちからをあわせ諸欲害身之敵滅しょよくがいしんのてきをほろぼす発大清浄願之滝水者ほつだいしょうじょうがんのたきみずは煩悩妄想之垢雪ぼんのうもうそうのあかをそそぐ

観音菩薩の力を念じれば、あらゆる欲望や自分を害する敵を滅することができる、大いなる清らかな誓願の水は、煩悩や妄想という垢を洗い流す

我意汝略説之草木者がいにょりゃくせつのそうもくは聞名及見身之成種もんみょうぎゅうけんしんのたねをなし心念不空之風吹者しんねんふくうのかぜふけば能滅諸有苦之雲晴のうめつしょうくのくもはれ

自分の意を説くことにより、名を聞き姿を見ることができる、不空金剛を心に念ずることにより、あらゆる苦しみを滅することができる

念念勿生之月明照ねんねんもつしょうのつきあきらかにてらす推落大火之雨降者すいらくだいかのあめふれば火坑之火消滅かきょうのひもしょうめつす

疑うことのない心は月のように明るく照らし、大量の雨を降らせることで、怒りや恐怖の炎を消滅させる

即従座起之金以そくじゅざきのこがねをもって和光垂迹之利物顕わこうすいじゃくのりもつをあらわす雲雷鼓掣電降雹澍大雨者うんらいくせいでんごうばくじゅだいうは皆是観世音之仏力也みなこれかんぜおんぶつりきなり

すぐに座を立ち、仏は化身となって現れる、雲雷が轟き大雨が降っても、観音菩薩の神通力で止むことだろう

奉唱福聚海無量となえたてまつるふくじゅかいむりょう閻浮檀金之家之内者えんぶだんごんのいえのうちは皆是法性之春みなこれほっしょうのはる

お経をひたすら唱え、宝物を内にもつが、これらは皆仏法の果実である

以偈問曰之華開いげもんわつのはなひらく我今重問彼之秋之露者がこんじゅうもんぴのあきのつゆは世尊妙相具之草木宿事疑無せそんみょうそうぐのそうもくしゅくすることうたがいなし生死之病種種因縁之薬給しょうじのやまいしゅじゅいんねんのくすりをたまう

偈をもって問いかけ、さらに今重ねて問いかける、お釈迦様が優れた姿をもつことは疑いの余地がなく、生死の病やあらゆる因縁を消し去ることだろう

慈眼視衆生じげんししゅじょう福聚海無量ふくじゅかいむりょう是故応頂礼ぜこおうちょうらい念彼観音力ねんぴかんのんりき諸願成就しょがんじょうじゅ皆令満足かいりょうまんぞく急急如律令きゅうきゅうにょりつりょう

慈しみの眼差しで衆生に向け、その功徳は無限であり、これ故礼拝すべきである、観音菩薩を念じることで、あらゆる願いは成就し、衆生は満足する、直ちに実行すべきである

南無大慈大悲観世音菩薩なむだいじだいひかんぜおんぼさつ種種重罪しゅじゅじゅうざい五逆消滅ごぎゃくしょうめつ自他平等じたびょうどう即身成仏そくしんじょうぶつ

観音菩薩に帰依すれば、あらゆる罪や五逆が消滅し、全ての者が平等に、直ちに悟りを得ることができるだろう

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました