REITとは

/金融

REITとは

REIT(Real Estate Investment Trust、不動産投資信託)とは、不動産や不動産関連の権利などを主たる投資対象にする投資信託です。

投資対象である不動産は、株式や債券に比べ流動性が低い資産なので、通常は信託財産の解約ができないクローズド・エンド型の投資信託として設定されています。

尚、解約はできませんが、多くの不動産投資信託は取引所に上場されているので、投資家は取引所で売却することによって換金することができます。国内の証券取引所に上場されているREITは、J-REIT(上場不動産投資信託)と呼ばれています。

REITの特徴

不動産投資との比較

REITは、不動産投資と比較して、流動性が高く少額投資が可能というメリットがありますが、収益性については劣るとされています。

項目 REIT 不動産投資
少額投資 ×
分散投資 ×
手間・管理 ×
流動性 ×
収益性
節税対策
物件の保有 ×
株式投資との比較

REITでは、税引前利益の90%以上が配当金として分配されるため、株式投資に比べて収益性(利回り)が良い傾向にありますが、不動産特有のリスクがあります。

項目 REIT 株式投資信託
少額投資
収益性
不動産特有のリスク

REITは、建物の損壊や地価の減少などの不動産特有のリスクがありますが、分散投資や少額投資が可能であるため、不動産投資と比べるとリスクは低くなっています。

REITの種類

REITの種類には、会社型(投資法人)と契約型があります。

会社型

会社型は、投資信託が1つの投資法人になっているタイプで、投資信託が法人格をもっているのが特徴です。投資家が投資主となり、投資主総会など株式会社に似た機関を有します。

契約型

契約型は、法律上は委託者指図型や委託者非指図型の投資信託を設定することができますが、実際は契約型のREITは存在しません。

尚、委託者指図型と委託者非指図型の違いは、誰が投資信託の運用を指示するかの分類で、委託者非指図型は受託者が運用を行います。

J-REIT

J-REIT(上場不動産投資信託)の課税関係は、基本的には上場株式と同様ですが、配当控除の適用がない点が異なります。J-REITでは、利益の90%以上を分配すると課税されないので、配当控除の適用は受けられません。

 

FP
金融、不動産、社会保障、保険、税金、相続
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました