オプション取引とは

/金融工学

オプション取引の仕組み

オプションとは、ある原資産を将来の一定期日(満期日)または期間に、予め定められた価格(権利行使価格)で買う権利(コールオプション)または売る権利(プットオプション)です。

原資産とは、オプションの対象となる株式・債券・通貨などの金融商品、株価指数などの金融指標、金などの商品、及び、それらの先物があります。

オプション取引において、買い手はプレミアム(オプション料)を支払い、オプションを取得します。売り手は、プレミアムを受け取る代わりに、買い手の権利行使に応じる義務が生じます。

取引き 買い手 売り手
コールオプション 「買う権利」を買う 「買う権利」を売る
プットオプション 「売る権利」を買う 「売る権利」を売る

買い手にとって、オプションは権利であって義務ではありません。買い手の選択肢は、転売・権利行使・権利放棄の3つがあります。

転売 プレミアムが上昇した場合は、転売により利益を得ることができます。
権利行使 買い手は、プラスのキャッシュフローが発生する場合、権利行使します。
コールオプションの場合:権利行使価格で現物を買う
プットオプションの場合:権利行使価格で現物を売る
権利放棄 買い手は、マイナスのキャッシュフローが発生する場合、権利放棄します。
コールオプションの場合:「買う権利」を放棄
プットオプションの場合:「売る権利」を放棄

買い手と売り手の契約関係は以下になります。

契約関係 買い手 売り手
反対売買 転売 買い戻し
権利行使 権利を行使する 履行義務の発生
権利放棄 権利を放棄する 履行義務の消滅

オプション取引の損益

コールオプションの買い

コールオプションの買い(ロング・コール)は「損失限定・利益無限大」の取引です。損益分岐点の価格は、「権利行使価格+プレミアム」で求められます。

権利行使価格と原資産価格に対する、利益と損失の関係は下になります。

原資産価格 > 損益分岐点 利益が発生する。
利益 = 原資産価格 - 損益分岐点
原資産価格 < 損益分岐点 損失が発生する。
損失 = 損益分岐点 - 原資産価格 ≦ プレミアム

コールオプションの売り

コールオプションの売り(ショート・コール)は「利益限定・損失無限大」の取引です。損益分岐点の価格は、「権利行使価格+プレミアム」で求められます。

権利行使価格と原資産価格に対する、利益と損失の関係は下になります。コールオプションの買い手の利益は、売り手の損失となります。

原資産価格 > 損益分岐点 損失が発生する。
損失 = 原資産価格 - 損益分岐点
原資産価格 < 損益分岐点 利益が発生する。
利益 = 損益分岐点 - 原資産価格 ≦ プレミアム

プットオプションの買い

プットオプションの買い(ロング・プット)は「利益限定・損失限定」の取引です。損益分岐点の価格は、「権利行使価格-プレミアム」で求められます。

権利行使価格と原資産価格に対する、利益と損失の関係は下になります。

原資産価格 < 損益分岐点 利益が発生する。
利益 = 損益分岐点 - 原資産価格 ≦ 損益分岐点の価格
原資産価格 > 損益分岐点 損失が発生する。
損失 = 原資産価格 - 損益分岐点 ≦ プレミアム

プットオプションの売り

プットオプションの売り(ショート・プット)は「利益限定・損失限定」の取引です。損益分岐点の価格は、「権利行使価格-プレミアム」で求められます。

権利行使価格と原資産価格に対する、利益と損失の関係は下になります。プットオプションの買い手の利益は、売り手の損失となります。

原資産価格 < 損益分岐点 損失が発生する。
損失 = 損益分岐点 - 原資産価格 ≦ 損益分岐点の価格
原資産価格 > 損益分岐点 利益が発生する。
利益 = 原資産価格 - 損益分岐点 ≦ プレミアム

 

応用数学
情報理論、暗号理論、機械学習、金融工学、ゲーム理論
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました