株式指標とは

/金融

本記事では、株式の個々の銘柄を実力を示す各投資尺度と、理論価格を求める方法の1つである配当割引モデルについて説明します。

株価収益率(PER)

株価収益率(Price Earnings Ratio)は、株式の価格をその企業の収益力から判断する指標で、株価を1株当りの当期純利益で割って求めます。

$$\mathrm{PER}(\mbox{倍})=\frac{\mbox{株式時価総額}}{\mbox{当期純利益}}=\frac{\mbox{株価}}{\mbox{1株当りの当期純利益}}$$

株価収益率(PER)が大きいほどその株価は割高とされ、小さいほど割安とされます。尚、株価収益率(PER)は業界により大きく異なることが多いため、単純な比較には向いていないとされます。

株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(Book value Per Share)とは、株式の価格をその企業の純資産(簿価)から判断する指標で、株価を1株当りの純資産で割って求めます。

$$\mathrm{PBR}(\mbox{倍})=\frac{\mbox{株式時価総額}}{\mbox{自己資本}}=\frac{\mbox{株価}}{\mbox{1株当りの純資産}}$$

株価純資産倍率(PBR)が大きいほど純資産と比べ株価が割高とされ、小さいほど割安とされます。尚、株価純資産倍率(PBR)は業界により大きく異なることが多いため、単純な比較には向いていないとされます。

自己資本利益率(ROE)

自己資本利益率(Return On Equity)とは、その企業の自己資本に対する収益率を示し、投資対象としての適否を判断するための指標です。自己資本利益率(ROE)が高ければ投資対象として魅力的な企業と考えられます。

$$\mathrm{ROE}(\mbox{%})=\frac{\mbox{当期純利益}}{\mbox{自己資本}}\times 100=\frac{\mathrm{PBR}}{\mathrm{PER}}$$

また、自己資本利益率(ROE)は以下のように、売上高純利益率(第1項)、総資産回転率(第2項)、財務レバレッジ(第3項)に分解することができます。

$$\mathrm{ROE}=\frac{\mbox{当期純利益}}{\mbox{売上高}}\times\frac{\mbox{売上高}}{\mbox{総資産}}\times\frac{\mbox{総資産}}{\mbox{自己資本}}$$

配当利回り

配当利回り(株式利回り)とは、株価に対する配当の割合を表す指標で、一般的には、利回りが高い株式が投資に有利とされています。

$$\mbox{配当利回り}(\mbox{%})=\frac{\mbox{1株当り年間配当金}}{\mbox{株価}}\times100$$$$=\frac{\mbox{年間配当金総額}}{\mbox{株式時価総額}}\times100$$

配当性向

配当性向とは、企業の利益に対する配当の割合を表す指標です。配当性向の高い企業ほど、利益の多くを配当して株主に還元していると言えます。尚、成長段階の企業は利益を事業資金に回す必要があるため、成長段階により適切な配当性向は異なることが一般的です。

$$\mbox{配当性向}(\mbox{%})=\frac{\mbox{1株当りの年間配当金}}{\mbox{1株当りの当期純利益}}\times100$$$$=\frac{\mbox{株式時価総額}}{\mbox{当期純利益}}\times100$$

イールド・スプレッド

イールド・スプレッドとは、株式益回りと債券の利回り(長期金利)の格差です。株式益回りとは、PERの逆数で、1株当りの純利益を株価で割って求めます。

$$\mbox{イールド・スプレッド}(\mbox{%})=\mbox{長期金利}-\mbox{株式益回り}$$$$=\mbox{長期金利}-\frac{1}{\mathrm{PER}}$$

イールド・スプレッドが大きくなれば、株式投資よりも債券投資が有利であり、小さくなれば、債券投資よりも株式投資が有利であることを示します。

配当割引モデル

配当割引モデルとは、理論株価を求める方法の1つで、株価はその株を持ち続けて将来支払われる配当の合計額に等しいとする考え方です。理論株価が実際の株価の割高、割安を判断する指標になります。

配当割引モデルは、配当額が変わらないか、増えていくかにより計算方法が異なります。

定額配当割引モデル

定額配当割引モデル(ゼロ成長モデル)とは、将来の配当が変わらない(ゼロ成長)という前提に基づいた理論株価です。

$$\mbox{理論株価}=\frac{\mbox{1株当りの予想配当金}}{\mbox{期待収益率}}$$

定率成長モデル

定率成長モデルとは、将来の配当が増える(配当成長率)という前提に基づいた理論株価です。

$$\mbox{理論株価}=\frac{\mbox{1株当りの予想配当金}}{\mbox{期待収益率}-\mbox{配当成長率}}$$

 

FP
金融、不動産、社会保障、保険、税金、相続
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

Wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました