共変微分とは

/幾何学

共変微分とは

共変微分とは、曲線座標においてテンソルとなる微分です。物理法則は、座標系に関わらず成り立つものであるため、場の微分は共変微分(テンソル)で表される必要があります。

共変微分はナブラ記号($\nabla$)で表され、クリストッフェル記号を用いて定義されますが、

$$\nabla_jA^i\equiv\frac{\partial A^i}{\partial x^j}+\Gamma^i_{kj}A^k$$

本記事では、共変微分をコロン(:)、普通の微分(反変微分)をカンマ(,)で表すことにします。

$$A^i_{:j}=A^i_{,j}+\Gamma^i_{kj}A^k  -①$$

ここでクリトッフェル記号は以下で表されます。

$$\Gamma^k_{ij}=g^{kl}\frac{1}{2}\left(\frac{\partial g_{li}}{\partial x^j}+ \frac{\partial g_{lj}}{\partial x^i}-\frac{\partial g_{ij}}{\partial x^l}\right)$$

テンソルの条件

テンソルとは座標変換に対して不変となる量(物理量)で、言い換えると、位置ベクトルと同じ変換に従います。例えば、ある微小区間 $\delta x^i$ を $\delta x^{i’}$ に変換する場合、

$$\delta x^{i’}=\frac{\partial x^{i’}}{\partial x^j}\delta x^j$$

に従って変換されます。2階のテンソル $T^{ij}$ の場合もこれと同じ変換が行われるとすると、

$$T^{i’j’}=\frac{\partial x^{i’}}{\partial x^k}\frac{\partial x^{j’}}{\partial x^l}T^{kl}$$

添字が下付きのテンソルの場合は、変換係数の上下が逆になり、

$$T_{i’j’}=\frac{\partial x^k}{\partial x^{i’}}\frac{\partial x^l}{\partial x^{j’}}T_{kl}$$

以下、変換の係数は簡略化のため以下で表すことにします。

$$X^{i’}_{,k}\equiv\frac{\partial x^{i’}}{\partial x^k}  ,  X^k_{,i’}\equiv\frac{\partial x^k}{\partial x^{i’}}$$

反変微分はテンソルではない

ベクトル場 $A^i$ の反変微分 $A^i_{,j}$ がテンソルであるかどうかを確認すると、

$$A^{i’}_{,j’}=(A^lX^{i’}_{,l})_{,j’}=A^l_{,n}X^n_{,j’}X^{i’}_{,l}+A^lX^{i’}_{,lj’}  -②$$

このように、余分な第2項が出てきてしまうため、$A^i_{,j}$ はテンソルでないことが分かります。

共変微分はテンソルである

まず、クリストッフェル記号はテンソルではありません。座標変換を行うと、以下のように変換されます。

$$\Gamma^{i’}_{k’j’}=\Gamma^l_{mn}X^{i’}_{,l}X^m_{,k’}X^n_{,j’}-X^{i’}_{,mn}X^m_{,k’}X^n_{,j’}  -③$$

これを利用して、①の座標変換を行います。②と③を代入すると、

$$A^{i’}_{,j’}+\Gamma^{i’}_{k’j’}A^{k’}=A^l_{,n}X^n_{,j’}X^{i’}_{,l}+A^lX^{i’}_{,lj’}+(\Gamma^l_{mn}X^{i’}_{,l}X^m_{,k’}X^n_{,j’}-X^{i’}_{,mn}X^m_{,k’}X^n_{,j’})X^{k’}_{,r}A^r$$

右辺の第2項と第4項は消えるため、

$$A^{i’}_{,j’}+\Gamma^{i’}_{k’j’}A^{k’}=(A^l_{,n}+\Gamma^l_{mn}A^m)X^n_{,j’}X^{i’}_{,l}$$

これにより、共変微分①が転送る出ることが分かります。

タイトルとURLをコピーしました