公開鍵基盤とは

/ネットワーク

公開鍵基盤(Public Key Infrastructure、以下、PKI)とは、ネットワーク上で利用されている公開鍵や秘密鍵が、本人と結びついた正当なものであることを、第三者(認証局)によって証明するための仕組みです。これを実現するために、デジタル署名やデジタル証明書の技術が用いられます。

デジタル署名

デジタル署名とは、メッセージダイジェスト(以下、MD)を自身の秘密鍵で暗号化した電子的な署名です。デジタル署名により、以下の点を確認することができます。

  • 文書の正当性(なりすまし防止)
  • 文書の完全性(改ざん防止)

尚、デジタル署名では文書の機密性(盗聴の防止)は守れませんので、暗号化など別の対策を行う必要があります。

デジタル署名の手順

文書を送る場合、送信者側の手順は以下になります。

  1. ハッシュ関数を用いて送信文書のMDを作成する。
  2. MDを送信者の秘密鍵で暗号化し、デジタル署名を作成する。
  3. 文書とデジタル署名、デジタル証明書を併せて送信する。

文書を受け取った後の受信者側の手順は以下になります。

  1. 送信者と同じハッシュ関数を用いて受信文書のMDを作成する。(①)
  2. 送信者のデジタル証明書(公開鍵)で送信者のデジタル署名を複合化する。(②)
  3. ①と②のMDを比較する。

①と②のMDが同一であれば、送られてきた文書の正当性と完全性が担保されたことになります。

デジタル証明書

デジタル証明書(公開鍵証明書)とは、個人や組織に対する電子式の身分証明書で、認証局(以下、CA)から発行されます。デジタル証明書は用途により、SSL証明書やサーバ証明書(サーバの認証)、クライアント証明書(クライアントの認証)などの呼び方があります。

デジタル証明書の内容

デジタル証明書に含まれる情報は主に以下になります。尚、FQDNとは完全修飾ドメイン名(Fully Qualified Domain Name)の略です。

  • コモンネーム(サーバのFQDN)
  • 組織名、住所
  • 公開鍵
  • 有効期限
  • CAのデジタル署名
デジタル証明書の確認点

ブラウザがWebサーバとSSL通信を行う際は、以下のようなサーバ証明書の有効性を確認する必要があります。

  • 有効期限が切れていないこと。
  • 失効状態でないこと。
  • コモンネームがアクセス先のFQDNと一致すること。
  • ルートCAまで辿って信頼性が確認できること。

デジタル証明書に含まれるCAのデジタル署名は、当該デジタル証明書を発行したCAが、当該デジタル証明書の正当性と完全性を保証するためのものです。

受信者は、受信文書の正当性と完全性を確認したときと同じ手順で、当該デジタル証明書の正当性と完全性を確認することができます。つまり、CAの公開鍵(中間証明書)を使ってCAのデジタル署名を複合化し、これと当該デジタル証明書のMDを比較することで確認できます。

中間証明書

中間証明書(中間CA証明書)とは、デジタル証明書を発行したCA自身のデジタル証明書です。中間証明書には、CAの公開鍵が付けられています。

さらに、CAの中間証明書の信頼性を確認する場合は、中間証明書には上位CAのデジタル署名が付加されているので、これにより中間証明書の正当性と完全性を確認することができます。

認証基盤

PKIを構成する要素は以下になります。

認証局(CA)

認証局(Certification Authority)は、以下のような役割を持ちます。

  • デジタル証明書を発行する。
  • 証明書失効リスト(CRL)を発行する。
  • CAのデジタル証明書を公開する。

CAは階層構造になっており、上位CAが下位CAを認証して証明書を発行します。最上位のCAはルートCAと呼ばれます。尚、ルートCAのデジタル証明書には、ルートCA自身のデジタル署名が付加されています。

登録局(RA)

登録局(Registration Authority)は、以下のような役割を持ちます。

  • 証明書発行や失効などの審査
  • デジタル証明書利用者情報の登録
  • 鍵の管理と配布
証明書失効リスト(CRL)

証明書失効リスト(Certificate Revocation List)とは、例えばデジタル証明書の悪用や誤発行などにより、有効期限内に失効させる必要が生じたデジタル証明書が登録されたリストです。尚、デジタル証明書は有効期限が切れると、その時点でCRLからの削除されます。

 

IT
アセスメント、セキュリティ、ネットワーク、システム
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました