初転法輪とは

思想・宗教

初転法輪

初転法輪とは、釈迦が悟りを開いた後、鹿野苑(サールナート)にて初めて仏教の教義(法輪)を人びとに説いた出来事を指し、仏教の中核概念である中道、四諦、八正道が説かれたとされています。

中道

中道とは、快楽主義と苦行主義の両方を否定するもので、相互に対立し矛盾する2つの極端な概念・姿勢に偏らない実践や認識のあり方を指します。釈迦はこの「苦楽中道」を真っ先に述べたとされ、目的にかなった適正な修行方法(八正道)をとることを説きました。

四諦

四諦(したい)とは、釈迦が悟りに至る道筋を説明するためにまとめた4つの真理であり、釈迦の悟りそのものでもあります。

苦諦(くたい) この世界の一切が苦であるという真理
集諦(じったい) 苦の原因は煩悩であるという真理
滅諦(めったい) 苦は滅することができるという真理
道諦(どうたい) 苦を滅する方法はあり、それが仏道(八正道)であるという真理

特に苦諦は、釈迦の人生観の根本であり、人間の生存自身のもつ必然的姿と考えています。四苦八苦という言葉はこのことを指しています。

四苦 病むこと、老いること、死ぬこと、生きること
八苦 愛別離苦 愛する対象と別れること
怨憎会苦 憎む対象に出会うこと
求不得苦 求めても得られないこと
五蘊盛苦 身体・感覚・概念・決心・記憶に執着すること

八正道

八正道とは、道諦によって示された苦しみを滅するための方法(仏道)です。八正道は、戒(戒律)・定(禅定)・慧(智慧)の三学に分類されます。

正語 正しい言葉を使うこと、嘘や無駄話、人を傷つける言葉を吐かないこと
正業 正しい行為を行うこと、殺生、盗み、道徳に反する性的関係を行わないこと
正命 規律正しい生活を営むこと
正精進 正しく努力をすること、過去の不善を断じ、未来の不善を防ぎ、過去の善の増し、未来の善を生じさせる
正念 四念処(身、受、心、法)に心を向ける、仏の教えを正しく心に留めるころ
正定 正しい瞑想、精神集中(三昧)を完成すること
正見 仏の智慧、四諦の真理などを正しく知ること、物事を正しく見ること
正思惟 正しく考え、判断すること

 

葉桜の散策路
仏教、初転法輪、般若心経、観音経
数理の散策路
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました