四誓偈を読む

/仏典

四誓偈とは

四誓偈(しせいげ)とは、「仏説無量寿経」の中で、法蔵比丘が48の願(四十八願)の目的を述べ重ねて誓ったもので、「重誓偈」とも呼ばれます。

浄土宗や浄土真宗などにおける法要や日常勤行において、誦経される代表的なお経です。

四誓偈を読む

我建超世願、必至無上道
斯願不満足、誓不成正覚
私は優れた四十八の願いを建て、必ずこの上ない悟りに至ろう、この願いが成就しなければ、誓って覚りを得ることはありません
我於無量劫、不為大施主
普済諸貧苦、誓不成正覚
私は非常に長い間に、大いなる施しの主となって、貧しく苦しむ多くの者を救えないのなら、誓って覚りを得ることはありません
我至成仏道、名声超十方
究竟靡所聞、誓不成正覚
私が悟りに至るとき、私の名が十方の世界を超えていき、隅々で聞こえることがないのなら、誓って覚りを得ることはありません
離欲深正念、浄慧修梵行
志求無上道、為諸天人師
欲望を離れ正しく精神統一し、浄らかな智慧と正しい行いを修め、この上ない悟り求めて、多くの天人や人々の師となりましょう
神力演大光、普照無際土
消除三垢冥、広済衆厄難
神通力で大いなる光を放ち、果てしない世界を普く照らし、三つの垢(貪・怒・愚)の闇を除き、多くの厄難に苦しむ者を救いたい
開彼智慧眼、滅此昏盲闇
閉塞諸悪道、通達善趣門
智慧の眼を開いて、その無明の闇をなくし、多くの悪しき道への門を閉じて、善き道への門に入らせたい
功祚成満足、威曜朗十方
日月戢重暉、天光隠不現
全ての功徳を満たし、その優れた輝きは十方に届き、そのため太陽と月もその光を奪われ、天界の光も隠れて消えてしまうでしょう
為衆開法蔵、広施功徳宝
常於大衆中、説法師子吼
衆生のために法の蔵を開いて、功徳の宝を広く施し、常に救いを求める人々の中で、獅子が吼えるように教えを説きたい
供養一切仏、具足衆徳本
願慧悉成満、得為三界雄
全ての仏に供養し、多くの功徳を具え、誓願と智慧を全て満たし、迷いの世界で最も猛々しい者となりたい
如仏無礙智、通達靡不照
願我功慧力、等此最勝尊
仏の囚われのない智慧は、どこまでも達し照らさない所はなく、私の功徳の力によって、この最も勝れた尊い仏のようでありたい
斯願若剋果、大千応感動
虚空諸天人、当雨珍妙華
この願いが果たされるならば、あらゆる世界は震い動き、天空の様々な天人たちは、美しい華々を雨のように降らすであろう

 

宗教・思想
仏教、仏典、仏教宗派、禅宗、東洋の思想・宗教
散策路TOP
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

Wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました