数学

統計量とは
未知である母集団の特徴を推測、母集団から抽出されたデータから計算、平均、平方和、分散、標準偏差、共分散、相関係数
正規分布を導く
平均値を中心としたデータのバラつきを表す分布、ガウス分布、誤差分布、正規分布の標準化、標準偏差、標準分布の特徴
相関分析とは
相関分析とは、2つのデータ群の関係性の強さを評価する分析手法です。
分散分析とは
分散分析とは、複数のデータ集合の間の差異が、誤差範囲かどうかを判定する手法です。
測地線とは
空間内の2点を結ぶ距離が最短となる経路です。平面上またはユークリッド空間内では直線となり、球面上では大円となります。
回帰分析とは
目的変数(従属変数)yと説明変数(独立変数)xの間に定量的な関係を見出すことです。
クリストッフェル記号とは
曲面座標での微分を表記するための記号で、これによりシンプルな形での表記が可能となります。
検定&推定とは
検定とは、ある仮説に対して、それが正しいか否かを統計学的に検証する手段です。また推定とは、母集団を特徴づける母数を統計学的に統計学的に推測することです。
期待値とは
ある確率変数の値に確率分布の重みをつけて足し合わせたもの(加重平均)です。
解析学
共変微分、発散定理、ストークスの定理、曲線座標系、フーリエ変換、リーマン幾何学
数理の散策路
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

Wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました