量子力学

量子的調和振動子を導く
量子論的調和振動子、シュレディンガー方程式、エルミート多項式、規格化条件、直交条件、演算子、ハミルトニアン
不確定性原理とは
2つの物理量の不確定性が同時にゼロにならない、観測者効果による不確定性、波動現象にともなう不確定性、量子力学、標準偏差
ボーアの原子模型を導く
古典論的な原子模型の矛盾を解決するために導入、ボーアの量子条件、不連続なエネルギー準位、ボーア半径、水素原子のスペクトル
ベルの不等式とは
ベルの不等式とは、量子力学において「隠れた変数」の存在を前提に導かれた関係式です。
量子もつれとは
量子もつれとは、古典物理学では説明できない、複数の粒子間の相関現象です。
重ね合わせの原理とは
ある量子の状態が、複数の独立で排他的な状態(固有値)の重ね合わせで表されることです。
中心力場のシュレディンガー方程式
水素原子などの中心力場にシュレディンガー方程式を適用すると、3つの量子数が得られ、さらにはボーアの原子模型が導かれます。
量子とは
あらゆる物理量の最小単位であり、粒子と波の両方の性質を持ちます。
波動関数とは
一般に波動現象を表す関数ですが、本記事では、シュレディンガーの波動方程式に従う関数に限定していくつかの特徴を説明します。
シュレディンガー方程式とは
電子などのミクロな状態の振る舞いを表す方程式です。このミクロな状態は、波動関数によって表すことができます。
数理の散策路
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学
タイトルとURLをコピーしました