熱・統計力学

熱力学第1法則とは
熱と内部エネルギーの保存則、熱平衡状態、ジュールの実験、第1種永久機関、熱力学的変数、エントロピー
熱力学第0法則とは
熱平衡にある物体は温度が一定、熱平衡とは、熱とは、温度の定義、熱力学の変数、巨視的な系
ステファン・ボルツマンの法則とは
黒体放射のエネルギー密度は温度の4乗に比例する、星の光度と見かけの明るさ、ステファン・ボルツマンの法則の導出
カノニカル分布とは
カノニカル分布(正準集団)とは、カノニカル集団が従う確率分布です。
ビリアル定理とは
多粒子系における、運動エネルギーとポテンシャルエネルギーの関係式です。
ミクロカノニカル分布とは
ミクロカノニカル集団が従う確率分布で、孤立系(断熱系)に対応し、その系ではエネルギーと分子数が一定に保たれます。
熱力学第2法則とは
熱の移動の不可逆性の法則です。別の表現をすれば、エントロピーの増大則ともいうことができます。
マクスウェルの速度分布則とは
熱力学的な平衡状態において、気体分子の速度が従う分布関数です。
エネルギー等配分則とは
エネルギー等配分則とは、系の持つ自由度ごとに一定量のエネルギーが配分されるという統計力学の法則です。エネルギー等配分則を導くための前段として、理想気体の状態方程...
ボルツマンの公式とは
系の微視的な状態数から巨視的な熱力学変数であるエントロピーを求める関係式です。
数理の散策路
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました