力学

中心力の運動方程式を導く
力の大きさは距離のみに依存、中心力の特徴、保存場、エネルギーの保存、角運動量の保存、運動方程式を導く
フックの法則を導く
フックの法則の一般化、ポテンシャルエネルギー、歪みテンソル、応力テンソル、弾性テンソル、伸縮歪み、せん断歪み
ニュートン力学とは
ニュートン力学、プリンキピア、万有引力の法則、慣性の法則、ニュートンの運動法則、作用・反作用の法則
相対論的力学とは
ローレンツ変換、固有時、運動方程式、4元運動量、4次元(時空間)、質量エネルギー
オイラーの運動方程式とは
オイラーの運動方程式とは、剛体の運動を表す方程式で、質点の場合のニュートンの運動方程式に相当します。
ハミルトンの正準方程式とは
ハミルトンの正準方程式とは、一般化された座標と運動量を基本変数とした運動方程式です。
ラグランジュ方程式とは
デカルト座標を用いて記述されたニュートンの運動方程式を、一般座標系に拡張した方程式です。
エネルギー&運動量とは
本記事は、エネルギー、仕事率、運動量、角運動量について説明します。
ハミルトンの原理とは
19世紀の物理学者であるハミルトンによって与えられた力学の原理です。本記事では、ハミルトンの原理の定式化とその導出方法について説明します。
最小作用の原理とは
ある条件下で実際に起こる運動は、作用積分が停留値をもつような運動であることを示したものです。
ケプラーの法則とは
17世紀初頭に天文学者のケプラーにより発見された、惑星の運動に関する法則です。ケプラーの法則は、ニュートンの運動方程式から導くことができます。
数理の散策路
力学、電磁気・相対論、熱・統計力学、量子力学、物性物理、機械学習、情報処理、金融、物理数学

 

タイトルとURLをコピーしました